初心者が買ってはいけない「5つの投資信託」

知らずに買うと元本が目減りする可能性も

「人気の投信」と言われると、つい手を出してしまいがち。だがそうした投信こそよく吟味すべき(写真:EKAKI/PIXTA)

iDeCo(個人型確定拠出年金)や、つみたてNISA(少額投資非課税制度)など、非課税制度の導入をきっかけに、Webや雑誌で初心者向けの投資関連記事を見る機会が増えました。

とくに、若い世代は将来の所得アップや安定した年金受給が見込みづらいなか、心機一転投資を始めて、将来不安を少しでも解消したいと考えている方も多いと思います。しかし、何も知らない状態で焦って購入すると、資産が増えるどころか目減りする可能性が高いので、注意してください。

「なんとなく購入」で、元本が目減りするリスクも

資産運用は経験値の高い手練れの投資家でも、これまで数々の暴落で多くの資産を失ってきた厳しい世界です。そこで、初めから個別株を購入するのではなく、投資信託から始めてみてはいかがでしょうか。プロに運用を任せられ、個別株と違って相場の動きに一喜一憂することが少なく、初心者でも購入しやすい商品だからです。

一口に投信と言っても、商品ラインナップはさまざまです。投信はなんとなく購入している人が意外と多くいますが、商品の中身を知らずに購入すると、手数料が高い割に、長年積み立てしていても元本がほとんど増えないなんてことはよくあります。

そこで今回、投資信託の中で「注意すべき5つの商品群」をピックアップしました。初心者の方々は商品選びの際、今から紹介するジャンルのものを無理して買わず消去するだけでも、選択肢がグッと減り、自分に適したものが選びやすくなると思います。

次ページお任せ運用に潜む「手数料二重どり」のワナ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT