銀行員が勧める金融商品の9割がダメな理由

あなたの大切な貯金を少しでも増やすには

「銀行員が勧める金融商品の9割は買ってはダメ」。元銀行員で独立系FPの筆者はダメ出しする。なぜだろうか(写真:よっし/PIXTA)

銀行員が自分自身の資産を運用するときに、どんな商品を使っているのでしょうか。

終身保険や変額年金保険?それとも毎月分配型の投資信託?VR(ヴァーチャルリアリティ)や「IoT」(モノのインターネット)など、今流行っているテーマに注目した最新の投資信託でしょうか?

なぜ銀行員は顧客に勧める金融商品で運用しないのか

もし、お客様に「これが良い」と勧めている金融商品ならば、銀行員だって、自分でも同じ商品で運用しているはずです。しかし、実際には、銀行員の大半は、自分の資産を運用するにあたって、お客様に勧めている金融商品は利用していません。

それはなぜでしょうか?そんなことをしていたら、効率も悪いし、「損をする」からです。

「銀行員が勧める金融商品の9割はダメ」だと言っても過言ではありません。理由は主に次の3つが挙げられます。

1.売りやすい商品を紹介しているだけだから

2.一般の人には複雑で分かりにくいから

3.コストが高すぎるから

では、早速1つずつ見ていきましょう。

次ページ銀行員は「お勧めしやすい商品」を売りがち
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。