銀行員が勧める金融商品の9割がダメな理由

あなたの大切な貯金を少しでも増やすには

「銀行員が勧める金融商品の9割は買ってはダメ」。元銀行員で独立系FPの筆者はダメ出しする。なぜだろうか(写真:よっし/PIXTA)

銀行員が自分自身の資産を運用するときに、どんな商品を使っているのでしょうか。

終身保険や変額年金保険?それとも毎月分配型の投資信託?VR(ヴァーチャルリアリティ)や「IoT」(モノのインターネット)など、今流行っているテーマに注目した最新の投資信託でしょうか?

なぜ銀行員は顧客に勧める金融商品で運用しないのか

もし、お客様に「これが良い」と勧めている金融商品ならば、銀行員だって、自分でも同じ商品で運用しているはずです。しかし、実際には、銀行員の大半は、自分の資産を運用するにあたって、お客様に勧めている金融商品は利用していません。

それはなぜでしょうか?そんなことをしていたら、効率も悪いし、「損をする」からです。

「銀行員が勧める金融商品の9割はダメ」だと言っても過言ではありません。理由は主に次の3つが挙げられます。

1.売りやすい商品を紹介しているだけだから

2.一般の人には複雑で分かりにくいから

3.コストが高すぎるから

では、早速1つずつ見ていきましょう。

次ページ銀行員は「お勧めしやすい商品」を売りがち
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT