年収1700万円「45歳独身商社マン」の家計簿

支出の3分の1が交際費だった!

現職では「それなりのポジションにいる」という法学部卒業、45歳独身商社マンの家計簿は…
世間一般的には花形といわれる「年収1000万円」。平成26年度の民間給与実態統計調査(出典:年収ラボ)によると、年収1000万円越えは日本の労働人口の4.1%。30代以下に限定するともっと比率は下がり、40,50代になると徐々に比率は上がるだろう。
年収1000万円プレイヤーはどのようなライフスタイルを送っているのだろうか。世間が思うような夢の暮らしなのか、それとも……? 東京カレンダー編集部が取材を通して、彼らの実際の家計簿から支出傾向を探った。第1回は45歳の独身総合商社マンのケース。

自由気ままなひとり暮らし、45歳の商社マンの場合

<今週の1000万円プレイヤー>
名前:橋本(45)
職種:大手総合商社勤務
年収:額面 1700万円(春と夏のボーナス計800万円含む)/月の手取り 約60万円
住居:恵比寿のマンション(持ち家)
結婚:独身・離婚歴あり
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

現在、大手総合商社に勤める橋本さんは、恵比寿のルーフバルコニー付きマンションでひとり暮らしをしている。年齢は45歳。20代の時に商社や金融機関を数社経験し、約15年前に総合商社に転職した。まずは彼の家計簿を見ていきたいと思う。

(左)6月分家計簿/(右)支出の内訳

年収は、額面で約1700万円(そのうち、春夏に支払われるボーナスの合計が約800万円)。ひと月の手取りは約60万円だ。毎月貯蓄を意識しているわけではなく、毎月の支出は65万前後になるが、ボーナスと資産運用で貯蓄出来ている計算に。

次ページ商社マンとしての「市場価値」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。