65歳定年男性が陥った株式投資の危ない心理

5000万円の資産がわずか10分の1に激減

「定年男子」がまとまったおカネを持つと、投資で大失敗をしがちなのはなぜか(写真:マハロ/PIXTA)

今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、39歳会社員のN男さんです。有名企業に勤務のエリート会社員で、専業主婦の妻、小学生の息子さんと3人暮らしです。

実はN男さんは自らの話ではなく、お父さんのご相談でいらっしゃいました。早速、お話を聞いてみると、65歳のお父さんは、なんと「株式投資で数千万円も損をしている」というのです。

なぜN男氏の父は株式投資に大失敗したのか

N男さんは学生時代にコツコツと勉強し、一流大学に合格。大学卒業後は有名企業に就職し、以来、着実にキャリアアップを重ね順調に昇進してきました。家庭も円満で順調な人生を送っていましたが、1つだけ悩みの種がありました。

それが実父のことだったのです。株式投資にはまり、数千万円もの損失をだしているというもの。しかもそもそも株式投資を始めた資金は、N男さんのお母様の遺産というのですから、N男さんの心が穏やかではないのは頷けます…。

N男さんのお母さんはがんを患い、5年前に58歳という若さで亡くなりました。歩合制の営業の仕事をやっていましたが、営業成績はすこぶるよく、年収は上場会社の役員にもひけをとらないほどでした。コツコツ貯蓄にも励み、亡くなったときには預金だけで1億円以上もあったそうです。他にも貯蓄型の保険や株式、投資信託なども保有しており、結局、N男さんのお父さんは、夫として現金で5000万円以上相続したそうです。

次ページ巨額の失敗の裏にあった、意外な事実
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT