65歳定年男性が陥った株式投資の危ない心理

5000万円の資産がわずか10分の1に激減

「定年男子」がまとまったおカネを持つと、投資で大失敗をしがちなのはなぜか(写真:マハロ/PIXTA)

今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、39歳会社員のN男さんです。有名企業に勤務のエリート会社員で、専業主婦の妻、小学生の息子さんと3人暮らしです。

実はN男さんは自らの話ではなく、お父さんのご相談でいらっしゃいました。早速、お話を聞いてみると、65歳のお父さんは、なんと「株式投資で数千万円も損をしている」というのです。

なぜN男氏の父は株式投資に大失敗したのか

N男さんは学生時代にコツコツと勉強し、一流大学に合格。大学卒業後は有名企業に就職し、以来、着実にキャリアアップを重ね順調に昇進してきました。家庭も円満で順調な人生を送っていましたが、1つだけ悩みの種がありました。

それが実父のことだったのです。株式投資にはまり、数千万円もの損失をだしているというもの。しかもそもそも株式投資を始めた資金は、N男さんのお母様の遺産というのですから、N男さんの心が穏やかではないのは頷けます…。

N男さんのお母さんはがんを患い、5年前に58歳という若さで亡くなりました。歩合制の営業の仕事をやっていましたが、営業成績はすこぶるよく、年収は上場会社の役員にもひけをとらないほどでした。コツコツ貯蓄にも励み、亡くなったときには預金だけで1億円以上もあったそうです。他にも貯蓄型の保険や株式、投資信託なども保有しており、結局、N男さんのお父さんは、夫として現金で5000万円以上相続したそうです。

次ページ巨額の失敗の裏にあった、意外な事実
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。