「45歳高収入モテ男」が貯金ゼロに苦しむ理由

離婚したら、その後のおカネはどうなるのか

高収入でイケメン。だがモテる男ほど、おカネに苦労しているかも(写真:chachacha/PIXTA)

今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、45歳で独身男性のA男さんです。ベンチャー企業の広告代理店に勤務、年収は1500万円と大手に負けないほどです。しかも容姿は「メンズ雑誌」から抜け出たようです。まさに「イケメンを地で行く」のですが「貯蓄がほとんどゼロで、将来が不安で仕方がない」というのです。イケメン過ぎるのが、逆に仇になっているのか? それとも、ただのおカネの使いすぎ? 早速、お話を聞いてみることにしました。

貯められない理由は「離婚」だけではなかった

A男さんはセンスの良い洋服に身を包み、清潔感もバッチリ。誰がみても女性にかなりモテそうなのに独身とは不思議でしたが、話を聞いてみると、過去に3回結婚しており、5人の子供も授かったそうです。

「高収入でイケメン」とくれば、モテるのは当たり前でしょうが、仕事柄、夜の飲み会などのつきあいも多く、華やかな会合に出席する機会も多くなりがち。付加価値の高い仕事をするうえでも、交際費が多いことはある程度、仕方がないところでしょう。

しかし、問題は女性との出会いも多く、「浮気」を繰り返してしまったことです。つまり過去3回の離婚の理由は、A男さんの「浮気」だったのです。そのため離婚のつど、妻たちに「慰謝料」を支払い、貯蓄がどんどん減っていくことに。加えて、A男さんを悩ませているのが、5人の子供たちに支払っている「養育費」。その金額はなんと、月50万円にも及んでいるそうです。

読者の皆さんにとっては、養育費の金額も高いし、そもそも払ったことがなければ、この話は身近に感じられないかもしれません。しかし離婚は今や珍しいことではありません。「離婚だけでなく、養育費も」となったら、どういう形で決まっていくのかも、ぜひ知っていただきたいのです。

次ページシングルマザー世帯の6割は、養育費を決めていない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT