「45歳高収入モテ男」が貯金ゼロに苦しむ理由

離婚したら、その後のおカネはどうなるのか

高収入でイケメン。だがモテる男ほど、おカネに苦労しているかも(写真:chachacha/PIXTA)

今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、45歳で独身男性のA男さんです。ベンチャー企業の広告代理店に勤務、年収は1500万円と大手に負けないほどです。しかも容姿は「メンズ雑誌」から抜け出たようです。まさに「イケメンを地で行く」のですが「貯蓄がほとんどゼロで、将来が不安で仕方がない」というのです。イケメン過ぎるのが、逆に仇になっているのか? それとも、ただのおカネの使いすぎ? 早速、お話を聞いてみることにしました。

貯められない理由は「離婚」だけではなかった

A男さんはセンスの良い洋服に身を包み、清潔感もバッチリ。誰がみても女性にかなりモテそうなのに独身とは不思議でしたが、話を聞いてみると、過去に3回結婚しており、5人の子供も授かったそうです。

「高収入でイケメン」とくれば、モテるのは当たり前でしょうが、仕事柄、夜の飲み会などのつきあいも多く、華やかな会合に出席する機会も多くなりがち。付加価値の高い仕事をするうえでも、交際費が多いことはある程度、仕方がないところでしょう。

しかし、問題は女性との出会いも多く、「浮気」を繰り返してしまったことです。つまり過去3回の離婚の理由は、A男さんの「浮気」だったのです。そのため離婚のつど、妻たちに「慰謝料」を支払い、貯蓄がどんどん減っていくことに。加えて、A男さんを悩ませているのが、5人の子供たちに支払っている「養育費」。その金額はなんと、月50万円にも及んでいるそうです。

読者の皆さんにとっては、養育費の金額も高いし、そもそも払ったことがなければ、この話は身近に感じられないかもしれません。しかし離婚は今や珍しいことではありません。「離婚だけでなく、養育費も」となったら、どういう形で決まっていくのかも、ぜひ知っていただきたいのです。

次ページシングルマザー世帯の6割は、養育費を決めていない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。