49歳「アラフィフ残業貴族」を襲った年収減

年収1000万円超の「中身」が問われている

「アラフィフでも、伝統的な名門企業だから」との甘えがあったのかもしれない。年収激変をどう乗り切ればいいのか(写真:kou/PIXTA)

今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、49歳の会社員B男さんです。大手の歴史あるIT企業に勤め、専業主婦の奥様と高校生の娘さんとの3人家族です。理想的な家族に見えましたが、「年収1000万円超なのに、家計はかなり苦しい状況」だというのです。奥様も一緒に来たので早速、2人にお話を聞いてみることにしました。

「理想の家族」の何が問題だったのか?

B男さんの年収は1000万円超。奥様はつつましやかで、良妻賢母を絵に描いたようなタイプです。お聞きすると娘さんも名門高校に通い、まさに理想の家族です。しかし、質問を一つひとつしていくと、家計の問題点が浮き彫りになってきました。

まずは「お住まい」からです。有名芸能人が多く住んでいる人気エリアに一戸建てを所有。しかし、ちょうど不動産価格が高騰していた時期に購入したこともあり、購入当時の家の価格は約8000万円でした。毎月の住宅ローンの返済金額は20万円超。子供の教育費と合わせると、いくら年収1000万円以上を稼いでいるといっても、それほど家計に余裕があるとはいえません。

しかし、お話を聞いていると、数年前までは相談などする必要がなく、もっと余裕があったというのです。家族でときどき海外旅行に行ったりもしていました。今は危機感を感じている専業主婦の奥様も、働く必要性があるかどうかなど、あまり感じなかったとのことです。

その理由は、何だったのでしょうか。やはり収入面にありました。年齢も49歳ですし、「管理職のポストから外され、手当てが減ったことなのかな」とも思いましたが、違いました。収入減の要因は別のところにあったのです。

次ページ「あてにしていた収入」が激減してしまった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT