意外と知らない「結婚」「婚活」を英語で語るコツ

「授かり婚」「プロポーズする」はどう言う?

婚活中の方は、併せてこんな表現も覚えておくと便利かもしれません。ぜひ、お目当ての方や友だちに言ってみてください。

I’m single and looking.(独身なので、現在募集中です)
Can you set me up with somebody?(誰か紹介してくれない?)

すでに、相手のいる方はプロポーズに関する表現を覚えましょう。英語でもそのままproposeという単語を使いますが、会話では

pop the questionプロポーズする 〔「結婚してくれますか?」という質問をする〕)

がよく使われます。この表現は、直訳すると「例の質問をする」という意味です。ここで言う、「例の質問」というのはWill you marry me?(結婚してくれますか?)という質問のことです。例えば、文中で

Goro suddenly got down on one knee and popped the question!(突然ひざまづいて、ゴロウがプロポーズしたのよ!)
When are you going to pop the question?(オマエ、いつプロポーズするんだよ)

のように使われます。上の例文にget down on one kneeとありますが、こちらは「片ひざをついてひざまづく」という意味です。get down on one bended kneeとも言うことができますが、これはプロポーズをするときにお決まりのポーズです。両ひざをつくと、お祈りをするときや懇願するときのイメージになります。

いろいろな結婚のかたち

結婚とひと口に言っても、さまざまなものがありますよね。現代では、メディアなどでもよく聞くようになった「おめでた婚」「授かり婚」とか「ダブルハッピー婚」なんて言い方もあるみたいですが、英語ではなんと言うか知っていますか? 実は英語にもきちんと存在していて、

shotgun wedding(おめでた婚)
shotgun marriage(おめでた婚)

と言います。どちらも同義に使うことができますが、厳密にはweddingは結婚式のこと、marriageは婚姻関係のことを指しています。例えば

Did you hear Pam and Ken got married last month? It was a shotgun wedding.(パムとケンが結婚したって聞いた? おめでた婚だってさ)
These days, a lot of people have a shotgun marriage.(最近、おめでた婚する人が多い)

のように使います。この語源は「銃弾のように速攻でする結婚」という意味ではなく、「未婚の娘が妊娠したことに腹を立てた父親が、相手の男性に責任を取るようにショットガンを突きつけて、むりやり結婚させる」という逸話のようです。

次ページ「結婚する」はたくさんの表現がある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。