プラスチック汚染が人類の未来に影落とす根拠

代替品使用で始める「脱プラ生活」のすすめ

温暖化のことを考えると、使い捨てプラスチックは今世紀後半以降なくさざるをえないです。プラスチックはナフサという原油の中の一成分で作られています。プラスチックを作る側のこれまでの言い分は、原油からガソリンや重油やアスファルト等をとる際に出てくるナフサを有効利用してプラスチックを作っており、プラスチックだけを作ることをやめることはできないというものでした。

2050年以降、産業が成り立たない可能性も

ところが、パリ協定を遵守すれば、今世紀後半以降、石油を燃やすことはできず、地下に原油が埋蔵していても採掘して燃料として利用することはできなくなるのです。そうなると、逆に、プラスチックを作るためだけに原油の採掘もできないということになります。

『プラスチック・フリー生活』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

バイオマスプラスチックへの転換やプラスチックを使わない生産・流通の仕組みを作らなければいけない時代になります。あと30年でそういう時代が来ます。ヨーロッパはそこに向けて舵を切りました。日本もそのような転換を行わないと、2050年以降、産業自体が成り立たなくなります。

プラスチック汚染を食い止めるためには、消費者、産業界、行政の協働が必要だと思います。

市民が使い捨てのプラスチックを使わないようにしたり、プラスチック製容器入りの製品を選ばなくなることにより、プラスチック汚染を実際に減らすことができると思います。

一方、生鮮食料品のパッケージ等、消費者の努力だけでは減らせない部分も多く、生産や流通の業界が素材を変更することも必要になると思います。さらに、そのようなプラスチックを減らす取り組みの公的枠組みを作る行政の役割も不可欠だと思います。みんなで協力することが必要です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。