子どもの「好き嫌い」がなくならない3つの理由

なぜ「うちの子は食べ物を残してしまう」のか

子どもが好き嫌いをする理由について解説します(写真:プラナ/PIXTA)

食べ物の好き嫌い、皆さんもありませんか。大人になってもなぜか避けてしまったり、においを嗅いだりするだけで鼻をつまみたくなる食べ物。例えば、人参やピーマン、ほうれん草やレバーなど……人によってさまざまな好き嫌いがあると思います。

じつは好き嫌いには根本的な原因があるのです。それは幼少期の食経験が大きく関係しています。今回のコラムでは、小さいお子様がいる方にはぜひ知ってもらいたい「好き嫌いがなくならない理由」、そして「好き嫌い予防策」をご紹介したいと思います。

給食は残さず食べるのに…

料理家として私は日々、さまざまなお客様にコース料理やパーティー料理を作ったり、新しい料理を考えたりしています。そのベースにあるのは「給食」です。

私は12年間で計150万食以上の小学校給食を調理してきました。学校給食というのは、文部科学省から出されている「学校給食実施基準」に合わせて、さまざまな食材をバランスよく、さらにおいしく、子どもの成長をサポートするように考えられています。

子どもたちはそんな給食が大好きです。毎日の給食を楽しみに登校する子もいるくらいです。しかし家に帰ると、給食で食べているはずの物を食べなかったり、野菜を残してしまったりということがあるようです。保護者の方からも「給食は残さず食べるのに、家では食べてくれない」といった声をよく聞きます。

好き嫌いが起きる原因はいろいろありますが、じつは学校給食には「なぜか食べられてしまう」ヒントが隠されているのです。子どもの好き嫌いがなくならない理由について3つ順を追って説明します。

理由① 苦味や酸味を嫌うのは人間の「本能」

まずは好き嫌いの根本的な理由を知ることが大切です。

苦味や酸味を嫌うのには科学的根拠があります。料理の世界で「五味」と呼ばれるように味には5種類あり、舌にある「味蕾(みらい)」という器官で食べ物の味を感知しています。

◎ 甘味 …… エネルギー源
◎ 塩味 …… ミネラル
◎ 酸味 …… 腐ったものや未熟な物
◎ 苦味 …… 毒のシグナル
◎ うま味 …… タンパク質
次ページ本能的なもの?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。