「不妊治療と仕事」両立に苦悩した女性の本音

予測できない休み、両立する人の厳しい現実

39歳で出産した真中ゆかりさん(仮名・44歳)が初めて不妊検査を受けたのは結婚5年目、36歳のときだった。

「結婚当時はまだ妊活という言葉もなく、夫は長期出張で留守にしがち。不妊治療に対してもそれほど積極的なわけではなく……。不妊と認めたくないという思いもあり、不妊に気づかなかったし、専門クリニックに行くのはハードルが高かった」

商社の事務職だったため、平日の日中に外出することはほとんどなく、週末以外で病院に行くことは難しい。そうこうしているうちに、気づけば36歳になっていた。

引っ越しを機に、勇気を出して「不妊治療」も診療の1つに掲げている自宅の近所の総合病院を受診した。しかし、そこで「ここは産科が中心なので、あなたが来るところではない」というまさかの心ない言葉。その場で泣き崩れた真中さんを見かねた別の先生が、ほかのクリニックを紹介してくれ、ターミナル駅の不妊専門クリニックにすぐ向かった。

その日の採血で、とあるホルモンの数値[卵胞刺激ホルモン(FSH)]が閉経間際の値だと指摘を受ける。「手遅れかも……」。目の前が真っ暗になった。

選択肢は最初から体外受精一択

FSH値から、選択肢は最初から体外受精一択だった。卵子を作らせるために排卵誘発剤を注射すると普通は10個以上の卵子ができるが、真中さんは注射をしても卵が1〜2個しかできない。それでも言われたとおりのスケジュールで毎回会社を休み注射に通った。治療を始める半年前に、比較的忙しくない部署に異動したこともよかった。

とはいえ、採卵前は卵巣が腫れ、体調が悪いのがとにかくつらい。注射の副作用もきつく、採卵の日は安静にしないといけないので1日休み。そして毎月生理がくる度に精神的ダメージが大きく、1人で泣き腫らして会社に行けないこともあった。

それでも、仕事を辞めるという選択肢はなかった。

「不妊治療に通っても、妊娠できる確証はなく、何百万円払ってもできないかもしれない。できたらラッキーくらいに思っていた。仕事は1回辞めたら復帰はできない。もし妊娠できたとしても、仕事を辞めていたら保育園には入れない。治療はどこがゴールかわからないんです」

そんなある日、東日本大震災が起こる。所属していたのは財務部でお金を扱う部署だったため、にわかに忙しくなった。全社で危機管理のバックアップ機能の構築が急務となり、急遽、仙台出張が入る。しかし、それは以前から決まっていた採卵日だった。

「この採卵のために、何カ月もかけて準備をして、やっとこの日にたどりつけたんです。どうしても、何が何でも出張を回避したかった」

今まで会社では不妊治療のことは内緒にしていたが、突発的な休みが増えていたこともあり、上司に治療のことを打ち明ける。そして、どうしても採卵したいと直談判し、出張を回避した。

伝えたからといって、その後対応が変わったり、融通があったりするわけでもなかったが、「上長が知っている」環境ができた。職場の同僚たちには「通院している」とだけ伝え、表面上は今までと何も変わらない会社生活を送りながらも、休むときに上司にはきちんと理由を伝えられるようになった。しかし、職場で産休に入る人をみると、切ない気持ちが募った。

次ページまるで試験を受けているよう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。