「妊娠を阻む病気」は、加齢でこれだけ増える

「晩産化」リスクは卵子の老化だけではない

晩産化のリスクは卵子の老化だけではありません(写真:mits / PIXTA)

女性の高学歴化や社会進出がめざましい今、平均出産年齢の高年齢化、いわゆる「晩産化」も同時に進んでいます。しかし、生殖能力は20代をピークとして、男女とも年齢を重ねるに従って衰えることに変わりはありません。

年齢が高い女性の妊娠・出産については、卵子の老化が話題になることが多いですが、怖いのはそれだけではありません。生活習慣病をはじめとする多くの疾病の受診率は、年齢が高くなるとともに高くなり、その中には妊娠・出産の妨げとなり得る疾病もあります。どのような病気に注意が必要なのでしょうか。

初産の平均年齢は40年で5歳上昇

そもそも、第1子出生時の母親の平均年齢は、1975年に25.7歳でしたが2015年には30.7歳と40年で5歳上昇しています。第2子以降も含めると、出産時に30歳以上の母親は1975年に全体の2割程度でしたが、2015年には同6割を超えています(厚生労働省「人口動態統計」)。

次ページいまや4人に1人が高齢出産
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT