「妊娠を阻む病気」は、加齢でこれだけ増える

「晩産化」リスクは卵子の老化だけではない

晩産化のリスクは卵子の老化だけではありません(写真:mits / PIXTA)

女性の高学歴化や社会進出がめざましい今、平均出産年齢の高年齢化、いわゆる「晩産化」も同時に進んでいます。しかし、生殖能力は20代をピークとして、男女とも年齢を重ねるに従って衰えることに変わりはありません。

年齢が高い女性の妊娠・出産については、卵子の老化が話題になることが多いですが、怖いのはそれだけではありません。生活習慣病をはじめとする多くの疾病の受診率は、年齢が高くなるとともに高くなり、その中には妊娠・出産の妨げとなり得る疾病もあります。どのような病気に注意が必要なのでしょうか。

初産の平均年齢は40年で5歳上昇

そもそも、第1子出生時の母親の平均年齢は、1975年に25.7歳でしたが2015年には30.7歳と40年で5歳上昇しています。第2子以降も含めると、出産時に30歳以上の母親は1975年に全体の2割程度でしたが、2015年には同6割を超えています(厚生労働省「人口動態統計」)。

次ページいまや4人に1人が高齢出産
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。