1人あたり医療費が高い都道府県ランキング

医療費総額は42兆円を超え過去最高を更新

医療費増加の要因には、薬価が高い医薬品が保険対象となったことによる影響も…(写真:BASICO / PIXTA)

日本の国民医療費の総額が年間いくらかご存じでしょうか。直近の発表では、約42兆3644億円(2015年度)と過去最高を更新しました。ここ数年、国民医療費は毎年1兆円のペースで増加しています。どういった内容の医療費が高いのでしょうか。また、どういった内容の医療費が増加しているのでしょうか。最近のデータから、膨らみ続ける医療費の問題について今回は分析していきます(1人当たり医療費の高い都道府県ランキングは最後のページに掲載)。

医療費の増加率が高いのは薬局調剤

国民医療費は、医科診療(入院・入院外)、歯科診療、薬局調剤等の大きく4つに分けられます。2015年度は、医科診療が約30兆円と最も多く、総額の7割を占めています。次に、薬局調剤が約8兆円(総額の約2割)で、医科診療と薬局調剤で9割程度を占めます。医科診療を入院・入院外別にみると、入院が約16兆円、入院外が約14兆円と、入院が入院外を上回ります。

2010年度と比べると、国民医療費の総額は約13%増加しており、診療種類別でみても、おおむねすべての種類で増加しています。中でも薬局調剤の増加率が最も大きくなっています。

医療費増加の要因として、国では、「人口増の影響」「高齢化の影響」「診療報酬改定の影響」などを挙げています。2015年度に前年比で増加した要因に関しては、医療の高度化、具体的にはC型肝炎治療薬の「ソバルディ錠」と「ハーボニー錠」等といった薬価が高い医薬品が保険対象となったことによる影響が大きいと分析されています。

次ページ中高年はがん、現役世代は精神疾患の医療費が大きい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT