「入院が必要な手術」の年間件数ランキング

70代で5割が罹患する「国民病」の実態とは

日本で最も件数が多い手術について、今回は解説します(写真:den-sen / PIXTA)

日本で最も件数の多い手術は何かご存じでしょうか。それは、盲腸でも骨折でもなく、白内障の手術です。1250以上ある手術分類のうち、2016年は全眼科手術の約4割、全手術の約1割を占めました(入院・外来の合計)。

入院が必要な手術に対象を絞ると、年間件数の多い手術ランキングトップ10は以下のようになっています。

圧倒的1位の白内障とはどんな病気か

白内障とは、眼内にある水晶体が混濁し、視力が低下する病気です。高齢になるとほとんどの人が罹患すると言われています。厚生労働省によると、初期の白内障は早い例では50歳代から発症し、中等度以上のある程度進行した白内障は70歳代で約半数、80歳以上では70〜80%にみられるとされています(「科学的根拠(evidence)に基づく白内障診療ガイドラインの策定に関する研究」)。

白内障の治療には薬物療法もありますが、進行し日常生活に支障がある場合は、水晶体再建術(人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入する手術)を受けることがあります。手術を受けた患者の4分の1程度が80歳以上であり、高齢者が多いのが特徴です(厚生労働省「第2回NDBオープンデータ」)。

次ページ件数は近年増加傾向
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT