「入院が必要な手術」の年間件数ランキング

70代で5割が罹患する「国民病」の実態とは

日本で最も件数が多い手術について、今回は解説します(写真:den-sen / PIXTA)

日本で最も件数の多い手術は何かご存じでしょうか。それは、盲腸でも骨折でもなく、白内障の手術です。1250以上ある手術分類のうち、2016年は全眼科手術の約4割、全手術の約1割を占めました(入院・外来の合計)。

入院が必要な手術に対象を絞ると、年間件数の多い手術ランキングトップ10は以下のようになっています。

圧倒的1位の白内障とはどんな病気か

白内障とは、眼内にある水晶体が混濁し、視力が低下する病気です。高齢になるとほとんどの人が罹患すると言われています。厚生労働省によると、初期の白内障は早い例では50歳代から発症し、中等度以上のある程度進行した白内障は70歳代で約半数、80歳以上では70〜80%にみられるとされています(「科学的根拠(evidence)に基づく白内障診療ガイドラインの策定に関する研究」)。

白内障の治療には薬物療法もありますが、進行し日常生活に支障がある場合は、水晶体再建術(人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入する手術)を受けることがあります。手術を受けた患者の4分の1程度が80歳以上であり、高齢者が多いのが特徴です(厚生労働省「第2回NDBオープンデータ」)。

次ページ件数は近年増加傾向
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。