なぜ「離婚男性」の病気死亡率が高いのか

糖尿病で妻帯者の12倍、死別者よりも高水準

配偶者の有無で言えば、未婚者も死別者も同様のはずなのに…(写真:SasinParaksa/iStock)

ソロ社会問題について論じると、どうしても未婚化に話が集中しがちです。それはもちろん大きな問題ですが、実は忘れてはいけないポイントは「結婚したとしても結局はソロに戻る」という問題です。たとえ配偶者がいたとしても2人同時に亡くなってしまうことはまれですし、離婚によって独身に戻ることもありえます。

今回は、そうした死別・離別に伴うソロ化の問題について取り上げたいと思います。

既婚者の1割が60代前半までに死別・離別を経験

2015年国勢調査によれば、配偶者との死別・離別によるソロ人口は男女あわせて約1500万人存在します。そのうち女性が1140万人と圧倒的多数を占めていますが、死別による高齢独身女性が大半です。

この連載の一覧はこちら

20~64歳のいわゆる現役世代に限ると、男女計約487万人(男約169万人、女約318万人)が死別・離別に伴うソロ人口となります。これは、当該年齢層の未婚者を除く人口の10%に相当します。つまり、結婚したとしても高齢者になる前に10%はソロに戻っているということになります。

さて、その中で男女とも7割以上の大きな比重を占めるのが45~64歳の年齢層になります。

次ページ40代後半~60代前半では未婚女性より離別・死別女性が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。