激増の高齢者孤独死は「7割が男」という現実

既婚者でも「妻が看取ってくれる」は大間違い

若者の未婚化ばかりが注目されていますが、高齢者が配偶者に先立たれて独身に戻る「高齢独身」の問題もまた大きな問題です(写真:Fast&Slow / PIXTA)

2017年4月、国立社会保障・人口問題研究所が、2065年までの日本の将来推計人口を公表しました。それによると、総人口は、2065年には8808万人に減り、65歳以上の高齢者の構成比は38.4%に上昇すると推計しています。つまり、人口の約4割が高齢者になるわけです。

こうしたニュースは、少子化の問題と相まって世間ではいつも大きな話題となります。もちろん高齢化社会は憂慮すべき社会的課題です。しかし、それと同様に深刻なのは、日本のソロ社会化です。以前、「2035年『人口の5割が独身』時代がやってくる」という記事に書きましたが、たとえ結婚しても、離婚や死別などで誰もがソロに戻るリスクがあるということが忘れられています。

2035年には「ソロの国・ニッポン」になる

この連載の一覧はこちら

国立社会保障・人口問題研究所が2012年に出した配偶関係別人口推計をひもとくと、2035年には有配偶男女と独身男女の比率がほぼ同数になるだけではなく、高齢者男女3740万人に対して、独身者約4800万人と、独身の数のほうが上回ります。つまり、高齢者の割合が高いだけでなく、高齢者以上に独身者が多い国に日本はなります。まさに「ソロの国・ニッポン」になるわけです。

次ページすべての人が高齢単身世帯に帰結していく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT