激増の高齢者孤独死は「7割が男」という現実

既婚者でも「妻が看取ってくれる」は大間違い

孤独死は男性が女性の2倍

これによると、直近2015年の実績では、男性3292件、女性1398件。12年前の2003年実績では、男性1985件、女性876件でしたから、男女ともに約1.6倍に増えています。また、男女比は、男性の構成比がつねにおよそ7割近くを占め、圧倒的に男性が多いことがわかります。

年代別に見ると、2015年実績では、65歳以上の高齢者の比率が男性で6割、女性では8割を占めており、やはり高齢者の「孤独死」が多いことは事実です。2003年と比較すると、男性では60歳以上、女性では70代後半以上の発生件数が大幅に増加していることがわかります。

東京都の例でいえば、死後半月以上発見されなかった「孤独死」が、女性に比べて男性は2倍近くあります(男性23%、女性12%)。いかに男性が「人とのつながり」を失っているかがわかります。むしろ、こうした「人とのつながり」を遮断した時点から、人は「孤独死」への道を突き進んでいると言えるのかもしれません。

当然、経済的な貧困問題もあるでしょうが、決してそれだけではありません。物理的な「孤独」が問題なのではなく、心理的な「孤立」こそが問題です。そういう意味では、個人的には「孤独死」というより「孤立死」という呼称のほうがふさわしいと考えます。

心理的に「孤立」してしまうことは、例えその時点で身体は生きていたとしても、心はすでに死んでしまっているのです。

次ページ自立とは誰も頼らないことではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT