激増の高齢者孤独死は「7割が男」という現実

既婚者でも「妻が看取ってくれる」は大間違い

孤独死は男性が女性の2倍

これによると、直近2015年の実績では、男性3292件、女性1398件。12年前の2003年実績では、男性1985件、女性876件でしたから、男女ともに約1.6倍に増えています。また、男女比は、男性の構成比がつねにおよそ7割近くを占め、圧倒的に男性が多いことがわかります。

年代別に見ると、2015年実績では、65歳以上の高齢者の比率が男性で6割、女性では8割を占めており、やはり高齢者の「孤独死」が多いことは事実です。2003年と比較すると、男性では60歳以上、女性では70代後半以上の発生件数が大幅に増加していることがわかります。

東京都の例でいえば、死後半月以上発見されなかった「孤独死」が、女性に比べて男性は2倍近くあります(男性23%、女性12%)。いかに男性が「人とのつながり」を失っているかがわかります。むしろ、こうした「人とのつながり」を遮断した時点から、人は「孤独死」への道を突き進んでいると言えるのかもしれません。

当然、経済的な貧困問題もあるでしょうが、決してそれだけではありません。物理的な「孤独」が問題なのではなく、心理的な「孤立」こそが問題です。そういう意味では、個人的には「孤独死」というより「孤立死」という呼称のほうがふさわしいと考えます。

心理的に「孤立」してしまうことは、例えその時点で身体は生きていたとしても、心はすでに死んでしまっているのです。

次ページ自立とは誰も頼らないことではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT