「双子の妊娠・子育て」の決して甘くない現実

50年で割合が2倍になったのに情報が少ない

多胎児に関する情報は単胎児に比べると不足している(筆者撮影)

一昔前と比べて、街中で双子の子どもを目にする機会が増えたと感じている人もいるだろう。厚生労働省の統計によると、子どもの中で双子が占める割合は50年前に1%ぐらいだったが、今は2%程度と、この半世紀で約2倍に増加している。

双子が増加した背景にあるのは不妊治療だ。日本では1983年に体外受精が始まり、一気に多胎児の数が増加した。2008年に日本産科婦人科学会が移植する受精卵の数に制限を設けたことにより、その数は減少。しかし再び増加傾向になり、ここ数年は横ばいになっている。

出生率が低下する一方、多胎児の数は一定数を保っている

日本の出生率が低下する一方、多胎児の数は一定数を保っていることから子どもに占める多胎児の割合が増加傾向にあることは明らかだ。不妊治療により増加するのは主として受精卵を2個、子宮に移植する二卵性の双子で、多胎出生の約4割は不妊治療によるとされている。

一卵性はその名のごとく同じ遺伝子をもって生まれるため、顔が瓜二つの場合が多い。お笑い芸人のザ・たっちや女優のマナカナこと三倉茉奈さん・佳奈さんなど、一卵性双子で有名なタレントだ。一方の二卵性は2つの受精卵から生まれるため、まったく違う遺伝子となっている。同時に生まれる兄弟といったところだろうか。タレントではローラさんや安田美沙子さんも二卵性の双子であり、ともに異性の兄弟がいる。

一方で、双子のような多胎児が誕生する際には、単胎児とはいろんな事情が違う。そこが以外と知られていない。

全国的な多胎の組織である日本多胎支援協会(JAMBA)の理事であり、多胎に関する研究が専門の石川県立看護大学の大木秀一教授は言う。

次ページさまざまな困難が立ちはだかる多胎
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT