バフェットはなぜ今頃アマゾンに投資したのか

バークシャー・ハサウェイ総会に行ってみた

インタビューに答える88歳のW・バフェット氏(右)。 人々は株主総会でレジェンドに会うだけでなく、人生も学びに来ている(筆者撮影)
5月の世界的な投資イベント、著名投資家ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイの株主総会が終わった。今年も国際的なアナリストで独立系資産運用アドバイザーの尾藤峰男氏がリポート。総会で出た質問のうち主要な10の質問をとりあげる。(本文中敬称略)

世界中から約4万2000人もの参加者が集まった

筆者は今年もバークシャー・ハサウェイ株主総会(54回目)参加のため、アメリカのネブラスカ州オマハにやってきた。2014年以来、6年連続の参加だ。

開場を待つ人々。世界中から今年も4万2000人が集まった。アリーナに入れるのは1万8000人だ(筆者撮影)

同社のCEOであるウォーレン・バフェットは88歳。パートナーのチャーリー・マンガーは95歳(バークシャー・ハサウェイ副会長)。この2人がアリーナの壇上で5時間以上も株主(筆者もその1人)のために多くの質問に答えてくれるのだ。

今年の参加者は過去最高の約4万2000人(会場に入れるのは1万8000人。もちろん満員だ)。回を追うごとに感じるのは、参加する世界中の人々が遠路はるばる来ていることなどまったく苦にしていないことだ。どの顔も生き生きとして充実感に満ち、会場はいい意味で独特の雰囲気になる。ますます、バフェットとマンガーの投資世界での存在感の高まりを感じる。

バフェット・マンガーをあしらったスーツを着ている親子。熱烈なファンだ(筆者撮影)

今年も会場では子供たちの姿が目立ち、彼らからの質問もいくつかあった(後述)。バフェットとマンガーが真摯に答える姿には本当に感動を覚える。同時に、ここに来ている親が子供に「金融の大切さ」を説く高い意識も感じられる場面でもある。

さらに言えば、この総会は、バークシャーの業績を聞くというより、バフェットやマンガーから「投資の正しいあり方」「自分を高める方法」「人生の歩み方」などを学ぼうとする人たちが多いことも特徴だ。

次ページ今年も「前座」ビデオでは「ありえない光景」が放映
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT