バフェットはなぜ今頃アマゾンに投資したのか

バークシャー・ハサウェイ総会に行ってみた

さて、いよいよ株主が待ちに待ったQ&Aタイムが始まる。9時30分から12時まで、午後は13時から15時30分まで、なんと合計5時間の「マラソンQ&A」だ。

寄せられた質問は、9歳から13歳の子供からのものも

バフェットとマンガーの2人が、アメリカ経済、金融情勢、投資哲学、人生の歩み方、会社経営など、あらゆることに答えてくれる。彼らは事前に質問については知らされておらず、ぶっつけ本番。60も質問が出る年もある。今年は9歳から13歳までの男女の子供が質問に立ち、会場を驚かせた。

いよいよマラソンQ&Aが始まった(筆者撮影)

質問は3つの種類に分かれる。1つ目は、フォーチュン、CNBC、ニューヨーク・タイムズの記者やコメンテーターに送られてきた一般の人々からの質問をピックアップしたもの。2つ目はアナリスト3人からの質問、そして3つ目は会場からの質問だ。今年もこれらから主な質問と2人の答えを紹介しよう。

質問1 自己株買いについてはどんな方針なのか? 

バフェット:もし割安(すなわち株主にとって有利)と判断すれば、1000億ドルでも注ぎ込み、バークシャー・ハサウェイの自己株買いを行う。一方で、多くの会社が行っているような、株価の高低と関係ない自己株買いはしない。あくまでも、“本質価値”(Intrinsic Value)を下回ったときに行う。

バフェットは、5月2日に掲載されたフィナンシャル・タイムズとのインタビュー記事で、2018年の13億ドル、今年第1四半期の17億ドルの自己株買いのあと、現在現金が1120億ドルに積み上がり、自己株買い額は最大1000億ドルに及ぶこともありうるとした。これは、今年の「株主への手紙」で、バークシャー自体が“極めて大きな”買い手になりうると言ったことにつながる。

質問2 筆頭株主となっている銀行ウェルズ・ファーゴ(口座の無断開設、未承諾の手数料、不動産融資関連での不正など多くの不祥事を起こしている)について、(バフェットは)沈黙しているが、どう考えているのか。

バフェット:経営判断の誤りがあったことは否定できない。またウェルズ・ファーゴが組織を成果報酬型にしすぎたことも原因だ。さらに何年も前から問題が指摘されながら、トップが迅速に対処しなかったことも問題だ。株主もこれによる相応の負担(株価の下落)を被った。不正事件や不祥事を起こした責任がある経営陣は、高額の報酬をもらって退任すべきではない(会場から拍手)。

次ページ未公開株やオルタナティブ投資については?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT