仕事の生産性にまで影響する「幸福」の正体

幸せな社員が増えるほど会社が伸びる理由

幸福な人ほど、創造性が高いという研究結果が報告されています(写真:TAGSTOCK1/iStock)

「あなたは今、幸せですか?」と問われたら、何と答えるでしょうか。3月に国連が発表した「世界幸福度ランキング」2019年版によると、最も幸せな国はフィンランドで、北欧諸国が上位を占める中、日本は昨年から4つ順位を下げ58位に。

幸福度の指標は、「1人当たりGDP」「健康寿命」「人生の選択の自由度」などから調査されるもので、「主観的にどう感じるか」ではありませんが、周囲を見渡してみて、楽しそうに働いている人はたくさんいるでしょうか。

幸福度が高い人ほどパフォーマンスも高い

今や「働き方改革」という言葉を耳にしない日はありませんが、いかに生産性を高めていくか、頭を抱える企業も少なくありません。生産性を高めるには、「社員が幸せであることだ」と言ったら、どう思われるでしょうか。

これまでも従業員満足度(Employee Satisfaction:略してES)という概念はありました。ESは給与や労働時間などの待遇、人間関係、労働環境などに対する満足度を数値で定量的に示すもので、ES向上に向けた取り組みは日本国内において積極的に行われてきました。

この連載の一覧はこちら

ESが高まると、企業業績にもプラスの影響を与え、顧客満足度(Customer Satisfaction:略してCS)の向上にも効果があると言われています。

一方、従業員幸福度(Employee Happiness:略してEH)は、従業員個人の幸福度を主観的な評価によって数値化する取り組みです。日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカでは、Googleを筆頭に、CHO(Chief Happiness Officer)という従業員の幸福度を高めるための役職を設ける企業が続々と現れています。

ある調査では、CHOによるコンサルティング導入以降、社員の定着率が90%にまで上がった企業もあるといいます。

次ページ従業員の幸福度はどのくらい企業に影響?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。