落語家・瀧川鯉昇がひたすら紡ぐ世界観の魅力

「伝説の師匠」仕込みの独特の噺に迫る

瀧川鯉昇(写真:株式会社音映システム提供)

日頃、野球の連載コラムを執筆している筆者は35年ほど前、2年だけ事務職として落語界に身を置いていた半端者である。今回、新連載として「噺の話 5000文字」と銘打ち、噺家に芸談を聞くコラムを始めることになった。公益社団法人落語芸術協会などの協力を得て、噺家へのインタビューをもとに落語の世界を案内したい。(以下敬称略)

第1回は、瀧川鯉昇(たきがわ りしょう)。今、寄席で最も面白い噺家の1人だろう。

名前にちなむ「鯉」というテンポの速い出囃子で高座に上がる。この「出」も実に心地よい。座布団に腰を落ち着けると、鯉昇は「にっ」と笑顔を浮かべるが、なかなか声を出さない。沈黙に堪えられなくなって客席が笑い声を上げると、おもむろに話し始める。

本人は「高座でどこまで黙っていられるか」にこだわっているというが、ある放送局のプロデューサーから「客の笑い声があればそのまま使いますけど、客の笑い声がないと、放送事故になります」と言われたという。

高座に上がるなり聴衆を引きつける(写真:株式会社音映システム提供)

落語の本題に入る前の導入部を「マクラ」というが、この「マクラ」で客席をぐっと引き付ける。

「少し暖かい日が続いておりましたが、ようやく冬らしい寒さが戻ってまいりました。寒さは戻ってきましたが、女房は戻ってこない」

丁寧な口調で話しつつ、ぼそっと落とす。「魔味」というか、「悪魔のそそのかし」というか、計算されつくした「間」で、確実に笑いを取っていく。

鯉昇の「マクラ」はすべてオリジナル。目のつけどころも、話の組み立て方もすべて鯉昇ならではだ。耳あたりがいいので、うかうか聞いていると、とんでもない世界に引き込まれてしまいそうだ。

明治大落研は辞めたが落語家に

瀧川鯉昇は1953(昭和28)年、静岡県に生まれた。

「ええ、浜松です。駅から2キロちょっとの距離で、農村と言ったら農村なんですけど地元のデパートのオーナーの家族が住んでいたりするお屋敷町ですね。うちは大家族の貧乏で、外食というのは年に1回か2回しかしない。お祭りか、里帰り。

でもほどよく暖かすぎるもので物成がよくて、去年捨てたごみだめから芽が出て、そこにカボチャが生るんですよ。食べるものはあるんですよ。で、現金がなくても生きていかれるという、そういう不思議な町」

高校卒業後、明治大学に進む。

「農学部だったもので生田キャンパス(川崎市多摩区)。浜松よりももっと田舎でして(笑)。明治大学と言えば、落語研究会が有名です。私は高校時代から落語をやっていましたから、入部はしました。三宅裕司さんが1年先輩にいましたが、すぐに辞めてしまいました。落研の先輩後輩の上下関係になじめなかったんです。でも、今は(私は)一応OBということになっているようです」

大学時代、鯉昇が打ち込んだのは新劇だ。

「高校のときにNHKの放送劇団に入りまして、大学でも演劇を続けていて、劇団に入って慰問に行ったりしていた。役者になりたいと思ったのですが、新国劇に進んだ先輩が、稽古が激しすぎて、アルバイトもできなくてがりがりにやせ細っていくのを見て、私にはとてもできないと思いました」

そこで、もう1つ、高校時代から好きだった落語の道に進むことにした。大学の劇団時代に縁があった8代目春風亭小柳枝に入門したのだ。

次ページ入門して最初の仕事は『食べられる草』の選り分け
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。