世界が熱狂する「こんまり」夫婦の意外な私生活

最強のビジネスパートナーは「夫」だった

片づけコンサルタントとして活躍する近藤麻理恵さんと夫の卓巳さん、2歳と3歳のお子さん(写真:麻理恵さん、卓巳さん提供) 
世界で活躍している日本人の共通点――。それは「夫婦仲がいいこと」かもしれない。海外で生活していると言葉の壁、文化の壁など乗り越えなければならない困難が多いうえ、頼れる親や兄弟も近くにいない。ゆえに支え合えるパートナーが必要不可欠なのだろう。
それにしても、彼らが「仕事も家庭もうまくいっている理由」とは何なのだろうか。そんな疑問を解き明かすべく、結婚5年目のニューヨーク在住ライター鮫川佳那子氏が、世界で活躍する“おしどり夫婦”を取材し、彼らの「成功の秘訣」を探る。

今回お話を伺ったのは、今、世界中で大ブレイクしている近藤麻理恵さん(34歳)と、卓巳さん(34歳)夫妻。

片づけコンサルタントとして活躍する、妻・麻理恵さんの著書『人生がときめく片づけの魔法』は、世界で累計1100万部の大ベストセラーとなり、現在はアメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、中国など40カ国以上で翻訳されている。

2015年には、アメリカの『TIME』誌にて「世界で最も影響力のある100人」に選出され、「片づけをする」という意味として「kondo」という単語まで生まれ、社会現象にまで発展!

さらに、今年の1月からNetflixのオリジナル番組『KonMari~人生がときめく片づけの魔法~』が190カ国で放映され、その人気はますます加速している。

しかしながら、麻理恵さんはなぜ、こんなにも世界で活躍し続けられるのだろうか。実は、その大きな理由の1つが、プロデューサー兼マネジャーである夫・卓巳さんの存在だという。

今回は、これまであまり積極的にメディア出演はされてこなかったという卓巳さんにもご協力いただき、麻理恵さん、卓巳さんご夫妻に、世界で巻き起こる「こんまり旋風」の舞台裏を伺った。

出会いは大学4年の卒業イベント

2人の出会いは、大学4年のとき。大学の垣根を越えた卒業イベントで、共通の知り合いを通じて名刺交換をしたのが始まりだった。

当時の麻理恵さんの印象を、卓巳さんはこう語った。

「まず第一印象は、『小さい人だな』でした(笑)。でもそんな彼女が、大学2年生の頃から片づけコンサルタントとして自分でビジネスをしていたんですよ。その名刺を渡されたときは、『この人はいったい何をやってる人だろう?』とキョトンとしたことを覚えています」

次ページ卓巳さんの印象は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。