世界が熱狂する「こんまり」夫婦の意外な私生活

最強のビジネスパートナーは「夫」だった

現在、この「こんまり流片づけコンサルタント」は世界30カ国で300人以上生まれ、実施した片づけレッスンは約1万2000回、クライアントは4100人を超えている。

また、日本で最近始まったオンラインサロン「こんまりサロン」も、卓巳さんは今後は世界展開を考えており、こんまりメソッドを世界に広げる動きは着々と進んでいるという。

2人の話を聞いていると、まさに麻理恵さんが才能のあるクリエーターで、卓巳さんが敏腕プロデューサー。お互いの強みや才能を認め合い、尊敬と信頼でつながっているのだ。

夫婦円満の秘訣は、大量のコミュニケーション

また夫婦円満の秘訣を聞いてみると、2つポイントを教えてくれた。

1つは、お互いをいい状態にしておくこと。

「身の回りを片づけて、心地のいい環境を作ること。そして日常のささいなことから、自分のときめきに従って選択をすること。自分の選択に責任を持つほど、相手にイライラすることは減ると思います」(麻理恵さん)

そのためには「自分がどういう状態だと心地よいか」を知っておくことが大切。その方法として最適なのが、片づけ。一つひとつ物と向き合い、ときめくモノを残し、ときめかないモノを手放すことで、自分の価値観が見えてくるという。

そして、もう1つの夫婦円満の秘訣は、夫婦で大量にコミュニケーションをとること。

「私たちは『2人でどういうふうに生きていきたいか』という話をよくしているんです。私は忙しいと小さなことにクヨクヨしてしまいがちなのですが、夫婦間でつねに長期的なビジョンを共有しているので、卓巳さんが『この仕事は、こういう未来を創ることにつながっているんだよ』といつもビジョンに戻してくれる。もっと大きい目標を思い出させてくれるんです」(麻理恵さん)

「長期的なビジョンだけでなく、お互い今どういう状態かもシェアし合っています。違和感を残さないというのはとくに意識していて、ちょっとでも違うなとか、いい状態ではないなと思ったら、それをスルーしないで伝えるようにしていますし、もし相手に元気がなかったら『何かできることはある?』と声をかけるようにしています。

なぜなら、時間が経てば経つほど、こじれて問題解決が難しくなるから。できるだけ早く解決に向かえるようにしていますね」(卓巳さん)

また相手にやってほしいことを、きちんと言葉にすることも大切だと卓巳さんは言う。

「麻理恵さんは、『お花を買ってきてほしいな』とか、『洗い物を今日はお願い』とか、自分の希望をちゃんと言葉にしてくれるんです。それを満たしてあげれば彼女が心地よくなるってわかるので、僕も助かるんですよ」(卓巳さん)

次ページストレスをためない方法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。