世界が熱狂する「こんまり」夫婦の意外な私生活

最強のビジネスパートナーは「夫」だった

自分の希望を伝えずに「なんでやってくれないの? なんで察してくれないの?」と心の中でモヤモヤしがちな人も多いのではないだろうか。でもそれがたまっていくと、いつか爆発してしまう。だからイライラする前に、自分の希望をニュートラルに伝えることが大切なのだ。

「卓巳さんも、ハッキリ自分の意見を言ってくれるからありがたいですね。私が『〇〇してほしい』と希望を伝えて、もしできないときは『今日は難しい』とちゃんと答えてくれますし。そう言ってもらえれば、私のほうでも、ほかの方法を考えればいいので、2人ともストレスがたまらないんですよね」(麻理恵さん)

お互いに我慢しないし、無理はしない。それが仕事でもプライベートでも、2人がうまくいっている理由なのかもしれない。

実は夫婦の危機もあった?

しかし、そんな2人にも夫婦関係がギクシャクしてしまった時期があった。

「僕のほうが、とてつもない失敗をやらかしてしまったんです」と卓巳さんは当時を振り返った。

それは、アメリカ『TIME』誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれ、世界中から仕事の依頼が殺到した時期だった。卓巳さんとしては、麻理恵さんの価値を最大化できたらという思いで、できる限り仕事の依頼を引き受けていたのだが、それがあまりにも多くなりすぎて、麻理恵さんにとって心地いい状態ではなくなってしまったのだ。

さらに、ちょうど1人目の妊娠の時期と重なったこともあり、麻理恵さんは心身ともに疲弊していった。

「あの頃の彼女は、毎晩仕事が終わって夜になると、『もう死にたい』というような状態になってしまって……。そのときに、『自分はなんでこの仕事をしているんだろう?』と働き方を考えさせられました。

彼女は価値あるタレントでもあるけれど、その前に僕の大切な奥さんでもある。『彼女がつらい思いをして、世の中を幸せにしても、僕たちはなんにも幸せじゃない。だったら、もうこんなことはやめよう!』と思いました。そこからは、仕事の仕方をガラッと変えて、彼女がときめく状態を最優先することにしました」(卓巳さん)

その一件を機に、お互いが心地よく、ときめくような状況になるように、気遣い合うようになったという。

次ページ2人の今後の夢は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。