世界が熱狂する「こんまり」夫婦の意外な私生活

最強のビジネスパートナーは「夫」だった

「例えば私が本の執筆をするときは、卓巳さんがお夜食を作ってくれたり、その期間中は子どもの面倒もすべて引き受けてくれるので助かっています。逆に、彼の仕事が忙しい時期にクローゼットや書斎がぐちゃぐちゃになってしまったときは、ビシッと収納を整え直して私なりに応援します(笑)」(麻理恵さん)

「お互いの幸せがあって、はじめて仕事がある。今思えば、急ぐ必要は何もなかったんですよね。当時のことを思うと、本当に申し訳ないですし、それでもなお一緒にやってくれている麻理恵さんには感謝しかないですね」(卓巳さん)

「片づけ」という文化を残したい

最後に、2人に今後の夢を聞いてみた。

「お片づけをすると、その人の人生がいい方向に変わる、そんな人が増えたら世界平和につながる。そう心から信じているので、この文化がもっと世界に広がったらいいなと思っています」(麻理恵さん)

「今後は科学的な検証もして、基礎教育にも取り入れていって、誰もが当たり前に片づけができる状態にしていきたい。実は3歳と2歳の娘がいるのですが、子どもたちが生きていく未来をよりよい世界にするためにも、この『片づけ』という文化を、僕たちが亡くなった後も残るものにしていきたいですね」(卓巳さん)

2人のこれまでのヒストリーには、ビジネスや夫婦円満のヒントがたくさん詰まっていた。

まずは理想の未来を思い描き、そのビジョンを共有していること。そして、お互いの強みや才能をリスペクトしながら、そのビジョンの実現に向けて一丸となること。さらに、自分たちが心地よく、ときめくような状態でいられるよう、日々努力していること。

そういったことを2人で一つひとつ着実に、行動に移しているからこそ、麻理恵さんと卓巳さん夫婦は、世界で次々と夢をかなえているのだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。