令和でKADOKAWAの「万葉集」本が爆売れの理由

アマゾンランキング上位を後押ししたPR戦略

メディアからの取材依頼が来ることも見越して、テレビ番組制作者が欲しい「画」づくりのために、発表から1時間半後には「令和」と入れた新しい帯も完成。通常出荷されるときの帯とは使っている紙は異なるが、まずは簡易版でも「画」をつくることを優先した。

取材を受けたテレビ番組では、ほぼすべてでその新帯が放送され、大きな宣伝効果を得ることができたという。ちなみに書店から「新帯がほしい」との要請を受けPDFデータを送り、実際にその帯を巻いた本が当日並んだところもあったようだ。

ユーザーがいちばん欲しい情報をいかに発信するか

大林編集長が強調するのはPR、とくに突発時に求められている情報をどの対象にどのように発信するかの見極めだ。

「どんな情報が得られたら、エンドユーザーがうれしいかを考えて最初に動いたのは間違いない。PRというと、会社の外側に向かって何をするかという認識になってしまいがち。でも本来的にPR活動におけるステークホルダーには自社の社員、従業員、取引先も含まれている。今回の一件は想定していなかった出来事だが、こういうときにこそPRが重要なんです」

突発的な事件などが起きると、当事者の著書や関連書が大きく注目されることがしばしばある。その突発時の初期対応が、その後の「商機」に大きく影響を与えるのは間違いない。書店の相次ぐ閉店や、本が売れないとの暗い話題ばかりの出版界ではあるが、KADOKAWAの「戦略的PR」はその打開のヒントになりそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT