令和でKADOKAWAの「万葉集」本が爆売れの理由

アマゾンランキング上位を後押ししたPR戦略

社外に向けたPRにも大きなポイントがあった。プレスリリースの活用法だ。通常だと、メディア各社にプレスリリースを送り取材窓口を設けて、すぐに問い合わせに備えたくなるところだ。だが公表当日、個別のメディアに向けてはプレスリリースは送らなかった。

個別に取材依頼することも考えたが、今回のこのタイミングでは一般の人に広く告知する「面」での拡大を重視したためだ。いちばん先にリリースを送ったのは、一般のユーザーへのリーチが強いPR会社。話題の拡散を一般層から始めることで、拡散の「量」を増やすことを意図した。

その戦略があたりリリースを通じて同社のサイトに流入したアクセス数は前年1年分を1日で超えた。結果的に、そのリリース配信後30分で4件の取材申し込みが入ることにまでつながり、大きな宣伝効果につながった(翌朝以降はメディア個別の送信に切り替えている)。

最も一般層にリーチできる時間を狙い撃ち

プレスリリースの配信タイミングにも、意図的な思惑があった。リリースの作成に着手したのは公表から2時間後の午後2時頃。実はこの段階では重版の決裁や製作スケジュールなどは確定していない。

しかし、一般層がSNSやニュースサイトをチェックする傾向が強い、夕方の終業時間近くの午後5時近くに間に合わせるようと「見切り発車」で着手。「配信時間が遅れるほどに、各メディアへの転載時間も遅れる。そうすると(書店に立ち寄る前の)帰宅時間を逃してしまう」。

これまでの経験則から「重版するだろう」との予想のもと、作業を進め決裁が下りた段階で、リリースの中で穴あきにしていた部数などを手直しした。決定から5時間半後の午後5時7分に第1報となるプレスリリースを配信。直後にオリコンニュースで報じられた記事が同47分にはLINEニュースに転載、さらには午後6時39分にヤフーニュースでもリリースを元にした記事が配信された。

時間との勝負のなかで同時並行で進め、最も一般層にリーチできる時間に配信したことは、当日午後9時頃に『ビギナーズ』がアマゾン書籍売上1位になったことと間違いなくつながっているだろう。

次ページまずは「画」づくり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT