「東京」の不動産だけなぜか急騰している事情 不動産市況は非常に見通しにくい状況だ

拡大
縮小

 地価公示より敏感に反応するのは、東京都心の中古マンション成約単価で、日経平均株価との連動性が高いことが知られている。両者のグラフを重ね合わせれば、その軌道はほぼ同一だ。現時点の都心中古マンション価格は、昨年後半に大幅な株価下落の後、やや割高感があることがわかる。

在庫は積み上がっている

在庫は市況好調時に減り不調時に増加するが、2018年後半以降徐々に在庫が積み上がっている格好だ。

株価水準が現行のままであれば、都心部の中古マンション価格は5~10%強高い水準ということになる。さらに市場における売り出し単価は、成約単価よりさらに15%程度高い。つまり売り手が一定程度販売価格を下げざるをえない局面といえよう。

次ページ価格の波は徐々に地方都市へ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT