「東京」の不動産だけなぜか急騰している事情

不動産市況は非常に見通しにくい状況だ

 地価公示より敏感に反応するのは、東京都心の中古マンション成約単価で、日経平均株価との連動性が高いことが知られている。両者のグラフを重ね合わせれば、その軌道はほぼ同一だ。現時点の都心中古マンション価格は、昨年後半に大幅な株価下落の後、やや割高感があることがわかる。

在庫は積み上がっている

在庫は市況好調時に減り不調時に増加するが、2018年後半以降徐々に在庫が積み上がっている格好だ。

株価水準が現行のままであれば、都心部の中古マンション価格は5~10%強高い水準ということになる。さらに市場における売り出し単価は、成約単価よりさらに15%程度高い。つまり売り手が一定程度販売価格を下げざるをえない局面といえよう。

次ページ価格の波は徐々に地方都市へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT