「ポケモンGO」ARイベント仕掛人が語る舞台裏

アナログとデジタルが交差する独特の世界観

川島:BGMというのは僕からのリクエストなんです。真鍋さんが、ちょうどこのプロジェクトの前に、森美術館の「建築の日本展」に参加していたんですよね。

真鍋:はい。あれは齋藤(精一/ Rhizomatiks Architecture代表)の作品ですね。僕は打ち合わせにちょっと参加した程度ですが。

「建築の日本展」齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》メイキング動画

川島:これが素晴らしい展示で、自然の音とライゾマさんらしい電子音が重なり合って響いていて。だから、毛利庭園でも、自然の音、ポケモンの鳴き声、そしてライゾマっぽい音があると、もっとかっこいいんじゃないかと思ったんです。

ミーティングでそのことを伝えたら、真鍋さんは「ちょっと考えてみます」みたいな感じで。そうして仕上がってきたのが、東西南北を示す音。別に東西南北って意識すれば分かるんです。でも、意識しないと分からないし、普通は考えない。それを音に置き換えたってのが素晴らしくて。

「隠し味」としての音

真鍋:方角ごとに四つの音を考えました。作曲は、時間がインプットで、それに合わせて音を配置していく作業だと思いますが、位置情報や頭の向きで作曲ができるのではないか?と。 今回は公園だけでしたが、もう少し大きいスケールで街とか方角とか、その場所の特性をインプットにして音を生成するような。今回そのアイディアを試せて、いろんな人に体験してもらえたのはよかったですね。

川島:そういう音が作品に深みを与えていて、料理でいうと隠し味じゃないですけど、入っているか入っていないかで決定的に面白みが違う。あとはライゾマの原田克彦さんのお仕事にも感動しましたね。集音器のアイディアを考えてくれたときに、同じような形のものがどこかで安く売ってないかとも考えたんですけど、そう上手くは見つからなくて。

すると原田さんが「3Dプリンターで作っちゃいましょう!」って。それで、2、3日後には「できました!」って報告してくれて。そんな一手一手が本当にありがたくて。少しでも遅れていたら間に合わないギリギリのスケジュールだったんで。

馬場:そうですよね。1カ月切ってましたものね、すでにさっきの段階で。

次ページタイミングよくスケジュールが合致
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT