強い奥さんを持つ、中国エリート男子の嘆き

中国の夫はつらいよ(上)

 日本にとって近くて遠い国、中国――。日本人は、中国や中国人について語るとき、つい画一的なイメージを持ってしまう。しかし、中国人は極めて多様だ。とくに若い世代と古い世代には、価値観に大きな隔たりがある。では、中国人の新世代エリートたちは、何を考え、どんな価値観をもっているのか。現地でのインタビューや鼎談などを通じて、キャリアから政治から恋愛まで今時の中国人の本音を探る。
強いことで知られる中国の女性。その夫婦生活はいかなるものか(写真:Imaginechina/アフロ)

トレンディドラマの典型的な夫婦

中国の都市部の「強い」女性たちは、結婚生活についてどう考えているのか。以前、この連載で、30代で2人の子持ちの女社長や大手企業でディレクターを務めるディンクスの女性などに結婚生活を語ってもらった(関連記事:中国人エリート女性のホンネ鼎談<上><中><下>)。

彼女たちは夫も一流企業勤めで、中国では成功したエリートカップルだ。しかし本音では、「社会にも結婚生活にも『安全感』がない」とぼやく。稼ぎはよいが競争はその分、猛烈に厳しい。「特色ある社会主義国」において、せっかく貯めた財産がどこまで保障されるのかという不安もある。今の世の中は誘惑も多い。妊娠2カ月の新婚女性社長は最近、夫の接待が多くなってきたことにくぎをささなくちゃいけないと気をもんでいた。

彼女たちは言う。「経済的に独立していないと、損をするのは女性のほうだから」と。「強い」女性の背景には、強くならざるをえない社会の厳しい現実がある。

もっとも、夫婦とはよくできたもので、強い奥さんの夫はたいてい、穏やかでやさしい男性であることが多い。中国のトレンディドラマに出てくる新婚カップルなどがまさにそうで、会社でバリバリ活躍する奥さんに、ちょっと気の弱そうなエリート男性が振り回されつつ、夫婦のありさまを模索するというのがイマドキのテーマだ。では、実際の現実社会で、そんな強い女性を奥さんに持った中国のエリート男性はどう思っているのだろうか。3人の男性に、それぞれ本音のところを聞いてみた。

王濤(仮名):39歳、オーストラリアで4年ほど働いた後、北京に戻り、現在は外資石油メジャーでマネジャーをしている。妻は33歳、結婚して3年、2歳になる娘がいる。
※1人目の王さんには、会社のお昼休みにオフィス近くの日本料理店まで出てきてもらい、ランチをしながら話を伺った。

家事ができるほうが変

――王さんは30代後半で結婚ということは、中国では少し遅いほうでしたか?

:実は再婚なのです。前の妻とはオーストラリアで結婚したのですが、僕が中国に戻ることになり、彼女はアメリカに行くというので、別れることになりました。前妻との間に子供はいません。その後、北京で今の妻と知り合いました。

次ページ「男女平等」というスローガン
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT