営業が大好き。これぞクリエーティブな仕事

オールアバウト、江幡哲也社長の好き嫌い(下)

成熟社会ニッポンで花開く新しい可能性

楠木:今後、オールアバウトはどんな方向に、ビジネスを展開していくのでしょうか。

江幡:まじめな話をしますと、今までは役に立つ情報を提供して、ユーザーを集客して、広告でマネタイズしてきました。これからは、情報の提供にとどまっていては、いけないと考えています。

楠木:どんなビジネスになるのでしょう。

江幡:ネットによって、マーケットそのものの構造がガラッと変わりましたよね。EC(電子商取引)から始まって、商品の製造や流通など、あらゆるプロセスにおいてイノベーションが起きている。オールアバウトもそっちの方向に進むべきだと考えています。あまり具体的なことは話せませんが、メディア業という枠を取り払って、たとえば製品開発に参加してもよいのではないか。専門家とユーザーがいるわけですから、うまくマッチングすることで、受注生産的なシステムが作れると思うのです。

楠木:コモディティはやらない、と。

江幡:コモディティには興味はありません。ユーザーのちょっとしたこだわりを反映した商品を作りたいですね。私が以前、コーポラティブハウスの設計をしたように、家はユーザーがこだわれる要素がたくさんありますよね。そうしたこだわりを、専門家とネットを活用して、昔では考えられないような、迅速かつ低コストで実現する。家以外では、自動車、ファッション、ジュエリーといった商品が考えられます。

楠木:それは「大人っぽい」ビジネスですね。世の中が成熟したときに初めて出てくるビジネス。

江幡:そうなのです。日本はコモディティにあふれていて、世界で最も成熟した社会といえます。消費に関しては、とことん質的によいモノを求める大人なんですね。そんな大人が何におカネを出すのかというと、自分が価値を感じられるモノでしょう。それは一人ひとりのこだわりが反映されたモノにほかなりません。

楠木:数年前、「ウェブ2.0」とか言っていたときには、ブロードバンドだとか、ソーシャルネットワークだとかで、ネットの世界も忙しかったわけですが、ひととおり落ち着いてくると、ネットの持つ価値にもさまざまあるということが見えてきた。フェイスブックやグーグル、アマゾンのような水平的にどこまでも広がる「インフラ」とは別に、ジャンルごとにユーザーと専門家をつなげて、情報の非対称性の中で埋もれていた価値を、顕在化させようとする垂直的なプラットフォームを作り上げる。江幡さんが好きでこだわってきたことが、本領を発揮する時代になりましたね。

(撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT