出生前診断で「判明」、それでも私が産んだ理由

ダウン症児を授かった親たちの告白

「私は樹生を授かるまで、3回流産を経験しています。それに12週といえば、エコーで胎児の姿が人の形としてしっかりと見え始める時期。ようやく授かった子どもに対して愛着が湧き始めているのに、簡単に中絶の選択をすることはできませんでした。私たちにとってダウン症だからといって諦めることはとても難しい選択だったのです」

答えを導き出せないまま、時間だけは過ぎていった。めぐみさんがようやく決断を下したのは中絶が可能な22週目の直前だった。

「単に中絶する勇気がなかっただけかも」

「夫と相談した結果、ダウン症は合併症が多いので、健康であれば産もうということになり、夫先生のところで胎児ドックを受けました」

胎児ドックにより大きな合併症は見られず、めぐみさんは産むことを決意する。樹生くんは生まれてからも大きな病気をせず、すくすく成長中だ。

「産む決心はしましたが。単に中絶する勇気がなかっただけなのかなって思うこともあります。長年不妊治療をしていたのもあり、これが最後って思って臨んだことが大きかったと思います。私が今より若く、受精卵が残っていたら、もしかしたら違った決断をしていたかもしれません。

こんなことをいうと倫理観が疑われるかもしれませんが、22週を過ぎて生まれるまで、『正直、お腹の中で亡くなれば』って思ったこともありました。産んで正解だったかと悩む一方で、実際に生まれると可愛いし、産んでよかったっていうのも本音です」

夫医師は最後にこう私に伝えた。

「私たちはお母さんの選択を尊重します。産む決断をされたお母さんには、生まれた後にどのような選択をしていくか、極論をいえば、医療的ケアを要する子どもや手術が頻回に必要な子どもに対して、生まれた後どのような対応をしていくかを一緒になって考えていきます」

元気な子どもが生まれる一方で、障害のある子どもも生まれている。選択できる世の中になったからこそ、こうした問題に寄り添って自分自身の問題として考えることが必要になってくるのではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。