東大教授流! (ほぼ)確実に1億円儲ける方法

年末ジャンボよりコレ! 1日たったの2時間!

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
夢を追うのも結構ですが、それよりも確実に1億円儲かる方法がありますよ!

年も押し詰まってきましたね。前回の「『クリスマスは恋人と』っていつ決まった!?」もそれなりに「ヒット」だったようなので、今回も時節柄のトピックを取り上げてみようかと思います。

仕事納めを前に、大掃除や年賀状の心配をする人。「それどころじゃないぜ!」と書き入れ時の人。いずれにせよ、目の回るくらい忙しい時期ですね。この時期に、その忙しさの向こう側を夢見てよく話題になるのが、宝くじです2億円とか3億円とかの賞金が魅力的に思えて、買った人も多いのではないでしょうか。

「当たらないのはわかってる、でも、その間に夢を見るのが楽しい」。もちろんその気持ちを否定するつもりはありません。ただ、宝くじって、ギャンブルの中でも著しく割に合わないものなのです。ですので、今日は、年末ジャンボ宝くじよりも確実に1億円儲ける方法を伝授します

次ページ宝くじに当たるより、交通事故で死ぬほうが簡単
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT