東大教授流! (ほぼ)確実に1億円儲ける方法

年末ジャンボよりコレ! 1日たったの2時間!

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
夢を追うのも結構ですが、それよりも確実に1億円儲かる方法がありますよ!

年も押し詰まってきましたね。前回の「『クリスマスは恋人と』っていつ決まった!?」もそれなりに「ヒット」だったようなので、今回も時節柄のトピックを取り上げてみようかと思います。

仕事納めを前に、大掃除や年賀状の心配をする人。「それどころじゃないぜ!」と書き入れ時の人。いずれにせよ、目の回るくらい忙しい時期ですね。この時期に、その忙しさの向こう側を夢見てよく話題になるのが、宝くじです2億円とか3億円とかの賞金が魅力的に思えて、買った人も多いのではないでしょうか。

「当たらないのはわかってる、でも、その間に夢を見るのが楽しい」。もちろんその気持ちを否定するつもりはありません。ただ、宝くじって、ギャンブルの中でも著しく割に合わないものなのです。ですので、今日は、年末ジャンボ宝くじよりも確実に1億円儲ける方法を伝授します

次ページ宝くじに当たるより、交通事故で死ぬほうが簡単
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。