「クリスマスは恋人と」っていつ決まった!?

「恋人同士がフランス料理を食べてホテルに泊まる祭」の起源

 アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
クリスマス・イルミネーションの季節です。今年は誰と、見に行きますか?(撮影:梅谷秀司)

瀬地山と申します。前回の「東大男子と外見」のネタ、案外、好評をいただいたようで気をよくしています。

さて、街角はすっかりクリスマス気分ですね。みなさん、24日の夜の予定はどうなっていますか? 「もちろん予定あり(うふふ……)」の人も、「もちろん仕事の予定あり……」の人も、「予定は未定」の人も、「予定めちゃくちゃ大募集中!」の人も、ちょっと立ち止まって、この狂騒を振り返ってみませんか?

結論を先にばらしてしまうと、クリスマスって別に恋人たちの日じゃなかったんですよ。

クリスマスはプレゼントの日

私は1963年生まれなのですが、子どもの頃、クリスマスといえば、親からプレゼントをもらう日でした。いつの頃からでしょう? 「プレゼント何がいい?」と聞かれて、返答に困るようになるのって。

次ページ「ほしいものが、ほしいわ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT