「クリスマスは恋人と」っていつ決まった!?

「恋人同士がフランス料理を食べてホテルに泊まる祭」の起源

 アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
クリスマス・イルミネーションの季節です。今年は誰と、見に行きますか?(撮影:梅谷秀司)

瀬地山と申します。前回の「東大男子と外見」のネタ、案外、好評をいただいたようで気をよくしています。

さて、街角はすっかりクリスマス気分ですね。みなさん、24日の夜の予定はどうなっていますか? 「もちろん予定あり(うふふ……)」の人も、「もちろん仕事の予定あり……」の人も、「予定は未定」の人も、「予定めちゃくちゃ大募集中!」の人も、ちょっと立ち止まって、この狂騒を振り返ってみませんか?

結論を先にばらしてしまうと、クリスマスって別に恋人たちの日じゃなかったんですよ。

クリスマスはプレゼントの日

私は1963年生まれなのですが、子どもの頃、クリスマスといえば、親からプレゼントをもらう日でした。いつの頃からでしょう? 「プレゼント何がいい?」と聞かれて、返答に困るようになるのって。

次ページ「ほしいものが、ほしいわ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。