「睡眠と年収」の意外な関係

デキるヤツは睡眠も上手!

年明けの仕事にも響く

年末年始の時差ボケを引きずると、年明けの仕事にも差し障る。有識者が参加する組織「いい寝! フォーラム」が、働き盛りの20~40代の男性に対する前年の個人年収について2013年10月に行ったインターネット調査がある。そこでは、働き盛りの20~40代の男性に対する前年の個人年収について、睡眠に満足していると答えた層は、不満足と答えた層に比べて、年収1000万円以上の人の割合が2.5倍も高かったそうだ。年末年始の時計遺伝子の乱れで、睡眠障害を抱えてしまうと、年収にも響く可能性がある。

「年末年始に限らず、週末に家でゴロゴロ寝ているだけでも、平日の仕事モードのリズムは崩れます。自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスが大切。休日モードで副交感神経が優位な状態が続き、休み明けに仕事モードに切り替えようと思っても、乱れた生体リズムによってうまくいきません。加えて、休み明けには仕事や課題もドッと押し寄せる。そのストレスも生体リズムを乱し、冬場の寒い空気によっても、生体リズムは悪影響を受けるのです」(小林教授)。

休みボケの状態も、しばらく仕事モードの平日のリズムが続くと元に戻るそうだが、中には、さらに仕事のパフォーマンスが低下し、不眠、食欲不振、めまいや頭痛などの症状を伴うようになる人もいるそうだ。

「3週間も調子がおかしい状態が続くようならば、睡眠障害だけでなく、メニエール病、脳梗塞、心筋梗塞などの病気が潜んでいることもある。医療機関を受診してみてください。寒い時期に時差ボケ状態になると、血管にかかわる病気にも結び付きやすいので、注意が必要です」(同)。

午前8時前までの起床

年末年始の休日は満喫したいが、時計遺伝子の働きを乱すような行為は避けたい。では、どう予防すればよいのか。

「朝起きる時間がポイントになります。初詣でで深夜に帰宅し、仮に午前3時や4時に寝たとしても、午前8時前には起床するようにしてみてください。徹夜をしたらそのまま起きている。昼寝として1時間半程度は寝てもよいのですが、できれば夜までぐっすり寝るのは避けましょう。その日の夜に早く寝れば、朝はスッキリ目覚めることができるはずです。生体リズムを修正し、時計遺伝子の働きを保つことが重要になります」(同)。

もうひとつ時計遺伝子の働きを助けるのが、1日3食の食事。午前8時前に起きたならば、朝食をしっかり食べ、昼食も夕食もいつもどおりにとるのがコツ。年賀では、自宅や親戚宅などでお節料理が振る舞われるが、ダラダラと際限なく食べ続けるのも、時計遺伝子の働きを乱す引き金になるそうだ。朝食、昼食、夕食のリズムを整えることが必要となる。

「1日3食の食事を取ると、腸管の働きがよくなり、副交感神経の働きを後押しします。男性は30代、女性は40代で、副交感神経の働きが悪くなり、寝つきが悪いなどの睡眠障害にも結び付きやすい。副交感神経と交感神経のバランスが重要なのです。リズムを整えれば、自然に自律神経のバランスもよくなり、休日を活動的に過ごせるだけでなく、休み明けの仕事のパフォーマンスを上げることも可能です。時計遺伝子を乱さないように、年末年始を過ごしていただきたいと思います」と小林教授はアドバイスする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT