「恋愛ご無沙汰女性」が婚活で苦戦する根本理由

価値観をアップデートしないと苦労する

長らく恋愛をせずにいざ婚活をすると、いろいろな感覚が「前回恋愛をしたとき」のままになっている可能性があります(写真:プラナ/PIXTA)
「婚活」という言葉が登場してから10年超。50歳までに一度も結婚しない人の割合を示す「生涯未婚率」は女性が14.1%、男性が23.4%(2015年)に達し、離婚するカップルの数も増え続ける中、婚活は今やひとごとではなくなりつつある。
一方、「女は年齢、男は経済力」「プロポーズは男から」といった婚活の固定観念は崩れてきており、婚活も多種多様・十人十色に。本連載では、結婚相談所の経営者として、婚活の移り変わりを見続けてきた筆者が、「現代婚活と結婚のリアル」を解説。今回は婚活現場ですれ違う男女の価値観について分析する。

2000万稼ぐ女性も「自分より稼ぐ男性」を求める

平成に入って30年が経ち、もうすぐ次の元号に変わろうとしているというのに、結婚観だけは昭和を引きずっている人が実に多いのに驚きます。昭和世代の両親から教育を受け、長年食卓を共にしてきたので、考えを刷り込まれているのですね。しかし、この「時代感のズレ」が婚活における最も高いハードルとなっているのです。

例えば、女性の男性の収入に対する考え方はまさに昭和そのもの。仕事をバリバリこなし、高収入であっても、「結婚するなら年収は夫のほうが絶対上」と考える女性が圧倒的に多いのです。実際、私が経営する結婚相談所でも、95%以上の女性が「自分より稼ぐこと」を結婚相手の条件にしています。2000万円以上稼ぐ女性が何人もいますが、やはり同じ価値観です。

一方、男性はといえば、子育てをメインに結婚を考えるので、相手の女性は子どもを産みやすい30代半ばくらいまでと考えます。30歳を過ぎたあたりで結婚相談所に来る男性が多く、「自分より年収が下」の相手となると、対象は20代の女性になりがちです。こうして、30代以降の結婚したい女性が余ってしまうわけです。

結婚観が昭和なのに対して、男女の恋愛を取り巻く環境は平成になり大きく変わっています。そこで何が起こっているかというと、多くの人が恋愛をしなくなった、あるいは、できなくなっているのです。

原因の1つはコミュニケーション不足です。たとえばデート。固定電話が主流だった頃は、会ったときにいろいろな話をしておかないと、関係が先に進まないですよね。「次会うのは、いつにしよう」、あるいは「今度どこに行くのか決めてしまおう」と話し合ったものですよね。

次ページLINEではあんなに盛り上がったのに…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT