「恋愛ご無沙汰女性」が婚活で苦戦する根本理由 価値観をアップデートしないと苦労する

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

だから、私は女性にこうアドバイスします。「何をしてほしいか、すべて相手に伝えなさい」と。

昨年末、クリスマスの時期に会員から婚約の報告が相次ぎました。プロポーズといえば、男性が密に給料の何倍かの値段で指輪を用意して、サプライズの演出をするもの?それは大昔の話です。今では、女性が交際している男性にプロポーズをいつどのようにしてほしいか伝え、婚約指輪の値段まで話すようになっています。指輪も「このブランドのこの指輪」と決めて、男性に写メで送り、「石は何カラットまでOK」と、そこまで相手に伝えるのです。

自分の「老い」に気がついていない女性

女性も「サプライズなんて気持ち悪い」と嫌がるし、男性もサプライズを企画して断られたらがっかりします。だから、直接伝えるほうが互いにやりやすいのです。男が決めて、女が待つ時代ではないんです。今の女性は好きなモノをもらいたい。いらないものをもらっても、ゴミになるだけですから!

もうひとつ、婚活を難しくしていることがあります。それは、女性が自分の「老い」に気づいていないこと。先ほど説明した、コミュニケーション不足などを背景に、恋愛から遠ざかっている人がとても多く、たとえ30代後半になっても、20代と同じ感覚で相手探しをするのです。これは、最後にまともに付き合った人が20代だったという人が多いからです。

例えば38歳の女性が、結婚相手の理想年齢を「38歳以下」と言ったりする。自分と同い年か年下ならいいわけです。そんな上から目線の人には、「あなた1億円持っているの?」と、いつも聞きますけれど。きっと、ふだん一緒に遊んでいる人や同僚などがそれくらいの年齢なのでしょう。自分より年上は「おじさんだ」という感覚なのです。でも「あなたも38歳でしょう」と。

20歳から39歳までで、「今恋愛をしていません」という人が男性8割、女性7割もいるので、30歳以上になるとさらに恋愛のパートナーがいる人は少なくなります。ですから「最後の恋愛はいつ?」と聞くと、たとえば自分は28歳、相手の男性は29歳だったりするわけです。そこで相手の年齢が止まっている。38歳の女性に5歳年上の43歳、10歳年上の48歳はどう?と聞けば、「そんなおじいさんはいやだ」となる。

50歳女性のMさんもそうでした。年収は2000万という高所得者で、プロフィールの欄に「相手は同い年以下」と書いたのです。でも、私は56歳の開業医のHさんを紹介しようと思っていました。年収はMさんより上ですし、博士号も持っている立派な男性です。それなのに、彼女は相手の年齢が引っかかる。それでも、「会ってみて」と30分説得しました。

最初は渋々だったMさんも、実際Hさんに会うと途端に恋に落ちてしまいました。みんな食わず嫌いなんです。その結果、どうなったかというと、Hさんが断ってきて、Mさんは「もう一度会いたい」となりました。なぜでしょうか。

次ページHさんがMさんに心底どん引きしたワケ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT