土偶の見た目が「奇想天外」である深い理由

縄文人にとって土偶はどんな存在だったのか

あなたは土偶をどう見ていますか(写真:Wikimediacommons)

ここまで、縄文人たちの世界観についてお話ししてきた。読者の中には「んなことあるかい! 幻想じゃ」という方や、「そうよね、縄文人たちはきっと優しい人たちだったわよね」という方もいることだろう。

過去の連載はこちら

私個人的には、いろんな意見があってしかるべきだと思っている。「縄文時代はこうである」と定義すること自体が土台無理な話なのだ。彼らが、現代人が解読できる文字で己の生活を書き残していない以上、誰も本当のことはわからない。わからないけれど、近づく手段がある。

それは、彼らが作った土器や土偶から想像することである。あくまで想像だけれども。そこで今回は、土器や土偶について話をしようと思う。

土偶の用途はいったい何だったのか

私事で恐縮だが、私には文筆家のほかに「土偶女子」なる肩書がついている。もちろん、自分が付けたわけではない。当初、なんだかお尻の座りが悪いような、何とも落ち着かない心持ちだったけれど、今ではわかりやすい目印としてそのまま肩書としている。

さて、その土偶。

読者の皆さんはいったい何だと思うだろうか。土偶は見る人によって宇宙人とも赤ちゃんのようだとも言われるが、縄文時代に粘土で作られた人形(ひとがた)の焼物、というのがざっくりとした定義になる。その姿は、妊娠した女性を表しているとか、精霊を表しているとも言われる。

では、用途は何だったのかと言えば、狩猟・採集・漁撈(ぎょろう)などの食料確保の成功祈願の道具だったり、安産や命の再生、病気治癒の願掛け道具とも言われている。ものによっては、「どう見ても子どもの玩具じゃない?」というものもあるから、本当にいかようにも想像ができる存在である。

次ページ土偶にはなぜか突っこみたくなるポイントがある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT