土偶の見た目が「奇想天外」である深い理由

縄文人にとって土偶はどんな存在だったのか

あなたは土偶をどう見ていますか(写真:Wikimediacommons)

ここまで、縄文人たちの世界観についてお話ししてきた。読者の中には「んなことあるかい! 幻想じゃ」という方や、「そうよね、縄文人たちはきっと優しい人たちだったわよね」という方もいることだろう。

過去の連載はこちら

私個人的には、いろんな意見があってしかるべきだと思っている。「縄文時代はこうである」と定義すること自体が土台無理な話なのだ。彼らが、現代人が解読できる文字で己の生活を書き残していない以上、誰も本当のことはわからない。わからないけれど、近づく手段がある。

それは、彼らが作った土器や土偶から想像することである。あくまで想像だけれども。そこで今回は、土器や土偶について話をしようと思う。

土偶の用途はいったい何だったのか

私事で恐縮だが、私には文筆家のほかに「土偶女子」なる肩書がついている。もちろん、自分が付けたわけではない。当初、なんだかお尻の座りが悪いような、何とも落ち着かない心持ちだったけれど、今ではわかりやすい目印としてそのまま肩書としている。

さて、その土偶。

読者の皆さんはいったい何だと思うだろうか。土偶は見る人によって宇宙人とも赤ちゃんのようだとも言われるが、縄文時代に粘土で作られた人形(ひとがた)の焼物、というのがざっくりとした定義になる。その姿は、妊娠した女性を表しているとか、精霊を表しているとも言われる。

では、用途は何だったのかと言えば、狩猟・採集・漁撈(ぎょろう)などの食料確保の成功祈願の道具だったり、安産や命の再生、病気治癒の願掛け道具とも言われている。ものによっては、「どう見ても子どもの玩具じゃない?」というものもあるから、本当にいかようにも想像ができる存在である。

次ページ土偶にはなぜか突っこみたくなるポイントがある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT