"つながり力"高める、4つの実践手法

ビジネスで成功している人がやっていること

 かつて大前研一さんは、35歳から50歳までを魔の15年と呼びました。サラリーマンが入社して10年以上経ち、仕事で実績を残せるようになったのに、年功序列型の企業では50歳以上の世代に大きな権限を握られ、思うように仕事ができず、やがて社内営業の内向きの仕事に専念していく、という残念なお話です。
 私は今35歳、魔の15年の入口にいるのですが、この領域ならXXさんに相談してみよう、という個人のレベルで、精力的に社外の人とつながっています。小さいながらに個人のデータベースを作っています。
 お手本はこれ。ビジネスで成功している人は「長期的に信頼できる人とつながった環境を作っている」 と話す、つながり最高責任者(Chief Connections officer)Leslie Grossman氏。つながることに関しては、つながり最高責任者をまねるのがいちばんです。以下、そのつながり力、4つの実践手法です。
Profound Whatever via photopin cc
つながり力その1:自分を可視化する

きっとあなたは忙しい、私もまぁまぁ忙しい。だからソーシャルメディアで相手の領域や興味ある分野を調べ、何を会話すべきか事前に知っておきたいはずです。面白そうな人とつながるために、まずはあなたのソーシャルメディアのプロフィールを見直しましょう。

複数あるアカウントのプロフィールを更新している時間はない、と言う人は、最低 "LinkedIn" だけは更新するべきです。なぜなら、誰かがあなたのことをネットで調べたとき、LinkedInプロフィールはGoogle検索でいちばん上に表示される確率が極めて高いからです。あなたは誰で何ができるのかが伝わらなければ、最大のつながり機会を逃してしまうことになります。

次ページ「ハブ」となる人とつながるには
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT