マーケティング思考、4つの間違い

テクノロジー、広告、クラウドを盲信することなかれ

人は意識しないと95%の確率で昨日と同じ考え方になります。何も考えないと、明日も同じ考え方になります。分析して未来を予測する、テクノロジーで競争優位性を高めるなど、実はすべて正しくありません。よくある間違いです。今日から意識を変えないかぎり、明日も同じ考え方になってしまいます。経営に欠かせないマーケティング思考、今、特に感じる4つの間違いです。
(Photo by: Daniel Horacio)
間違い#1  分析して未来を予測する

昔、社長に自社ブランド広告に接触した人に関する“分析”をひととおり説明した後に、こう言われました。

「それで?」

「それで?」 の意味は、なんとなく現状を把握した以外、俺にどうしてほしいの? ということでした。『統計学が最強の学問である』 の著者、西内啓さんの言葉を借りると、集計と分析の違いです。残念ながら、私が社長にした説明はただの集計であって、分析ではなかったのです。実はこれ、知見あるコンサルタントが作る資料にも見られる現象なのです。

「それで?」 以上につなげるためには、ビジネスにおける具体的な行動につなげる必要があります。情報を集計するのではなく、分析するために、少なからずこの3つの質問に答えねばなりません。

1.自社ブランドに接触した人は、ブランドを購入する可能性はあるのか?

2.逆に接触しなかった人は、購入する可能性はあるのか?

3.そのためには、どのくらいの費用を投資すれば、いくら利益がでるのか?

マーケティング思考は「それで?」 で会話が終わる集計ではなく、行動につながる分析でなくてはなりません。

次ページ「サービス」を先に考えよ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT