米国主要企業「2018年株価騰落率」ランキング

上昇相場が終焉で市場に明暗

トップはアドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)で、1年間で約80%株価が上昇した。同社は世界的な半導体メーカーで、パソコン向けのCPUのほか、ゲーム機器向けの画像処理半導体(GPU)を手がけており、CPUとGPUを統合させたAPUの開発・販売にも注力している。

パソコンの販売台数が減少に転じた2012年以降、出荷数量の減少と価格低下に苦しみ、業績は厳しい状況が続いてきた。5年連続で最終赤字となり、その間、株価も2~5ドルでの推移が続いてきた。

だが、クラウド需要の拡大、ゲーミングPCや仮想通貨のマイニング需要の拡大によりCPU、GPUともに大幅な販売増となり、2017年は黒字回復を果たした。2018年に、仮想通貨のマイニング需要は鈍化したものの、引き続きPC向けを中心に好調を維持している。

株価は2016年半ばから2017年初にかけ上昇し、その後は2018年半ばまで10~15ドルのボックス圏内で推移していたが、8月から9月にかけ急騰し30ドルを超えた。10月以降は市場全体の下げに加え、第3四半期決算が市場予想未達だったことも響き大きく下落している。それでも年間の騰落率では1位を獲得した。

直近の水準は下降が続くが…

2位は医療機器メーカーのアビオメッド(ABMD)で、株価上昇率は73%を記録した。同社は1990年代から体外式補助人工心臓や、埋め込み式人工心臓の開発・製造・販売を手がけている。IMPELLA(補助循環用心内留置型ポンプカテーテル)を2004年から欧州で、2008年からはアメリカで販売しており、2017年9月に日本でも導入が始まっている。

売上高の規模は2018年3月期で5億9300万ドルとまだ小粒だが、収益ともに着実に拡大を続けてきた。2018年5月にS&P500銘柄に選定されたばかりだ。株価は2017年末まで緩やかな上昇トレンドを描いてきたが、2018年に入り上昇ペースが加速し、半年で株価は2.5倍に達した。その後は足踏みが続き、9月末には再び最高値をつけるも、直近まで大きく変動しながら水準を下げてきている。

3位のフォーティネット(FTNT)も18年10月にS&P500銘柄に選定されたばかりの新顔だ。2000年11月創業の若い企業で、通信事業者やデータセンターなどへのネットワークセキュリティーのインフラや各種サービスを提供している。2002年5月に最初の製品を出荷して以降、売上高は年々増加し、近年はクラウド拡大などを背景に勢いを増している。

株価は2016年初から上昇トレンド入りし、2017年秋以降は上昇ペースが加速し、2018年秋の最高値は92ドルに達した。ただ、その後の下落もあって、2017年末からの1年間の上昇率は61%となった。

2018年の米株式市場、代表的な指標の年間の騰落率は、ダウ工業株平均株価が5.6%、S&P500指数が6.2%、NASDAQ指数が3.8%、いずれも下落している。そういうなかでトリップアドバイザー(TRIP)までのトップ5は50%を超える上昇を、46位のマイクロソフト(MSFT)までは20%を超える上昇をみせた。

2桁上昇はフィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービシズ(FIS)までの96社で、175位のマキシム・インテグレーテッド・プロダクツ(MXIM、2018年12月選定)までが年間で上昇を果たしている。

次ページ上昇相場の牽引役GAFAは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT