米国主要企業「2018年株価騰落率」ランキング

上昇相場が終焉で市場に明暗

そんな2018年、株価の大幅上昇時も下落時もGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)は注目の的となった。アマゾンは市場全体を大きく上回る株価上昇で相場の牽引役を果たしたのは事実であり、フェイスブックは情報漏洩問題などが大きくクローズアップされ、株価が急落した。

アップルも米中貿易摩擦の標的となり、新型iPhoneの販売低迷問題が直近の株式市場を大きく揺さぶっている。そのため、時価総額トップの座は、アップルとアマゾンに底堅い推移を見せるマイクロソフトも加わった三つどもえの攻防となっている。

グーグル・アップル・フェイスブックはトップ100入らず

ランキングでGAFAプラスMの順位を確認しておこう。マイクロソフトは前述のとおりだが、アマゾンも上昇率28.4%で32位にランクインした。一方、グーグルは0.8%の下落で179位、アップルは5.4%下落の214位、フェイスブックは急落の影響が大きく25.7%の下落で378位に沈んだ。

次ページ続いて下落率の高かった50社のランキング
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT