米国主要企業「2018年株価騰落率」ランキング

上昇相場が終焉で市場に明暗

2019年がスタートしてまだ3週間にすぎないが、年始早々の米株式市場はアップルの業績下方修正をきっかけに急落し(アップル・ショック)、すぐさま急反発に転じるなど、波乱の予感を感じさせる展開となっている。

これを受け、FRBはこれまで2019年は2回と想定していた利上げについて、ジェローム・パウエル議長が一時停止を示唆するなど、市場の動きを慎重に見守る姿勢へと転じている。

昨年秋以降の株価下落の要因の1つでもある米中貿易摩擦の影響は確実にアメリカ企業へも波及しつつあり、これから本格化する2018年の決算発表に注目が集まる。基本的には2018年実績は好決算が予想されるが、2019年の見通しはそれほど楽観できない。

中国に対する姿勢も、マイク・ペンス発言にあるとおり強硬路線が既定方針といえる。昨年の中間選挙の結果を受け議会は上下院でねじれ状態となっており、ドナルド・トランプ大統領の政権運営は一段と厳しいものとなる。すでに政府機関閉鎖の影響は出始めている。

まだまだ魅力的は企業はたくさんある

先行き不安材料が多く、波乱が予想される2019年の株式市場だが、独創的な商品やサービスを開発している企業、他の追随を許さない開発力を持つ企業、他社とのコラボレーションによって規模の優位性を狙う企業、圧倒的なブランド力や販売力でグローバル展開を強める企業など、魅力ある企業はたくさんある。残念ながら淘汰され消えていく企業もあるが、それも健全な市場であることの裏返しでもある。

『米国会社四季報』を活用して、有望な企業を見つけていただき、長期的な視点から多少の波乱には動じることなく、米国株投資を楽しんでいただければ幸いである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT