就活現場で「女子の顔採用」は実際にあるのか

女子学生が就職活動で抱く5つ悩みに答える

女子就活生に関しては、女性ならではの疑問や不安が少なくありません(写真:U-taka / PIXTA)

あと数週間もすれば、大学は春季休暇に入ります。就職活動は一気に本格化するでしょう。スタート直前のこの時期は、不安ばかりが大きくなりがちです。なかでも女子学生の就職活動に関しては、女性ならではの疑問や不安も多いように思われます。

そうした不安が少しでも払拭されるよう、女子学生から寄せられる質問や悩みの中から代表的なものを5つ選び、アドバイス形式でまとめました。なお、性には多様性があります。今回は身体と性自認とも女性の学生を対象にしていることをご承知おきください。

髪型や化粧、表情のほうが影響が大きい

女子就活生の悩み1 顔採用って本当にある?

「ない」とは言えません。ただ、あなたが考えているような“顔採用”ではありません。つまり、顔の造形美を評価する採用ではないということです。

“顔”は、人が人を見るとき、最初に目がいく部分です。面接で自己PRをするより先に、顔があなた自身を語り出してしまいます。

「就職四季報」特設サイトはこちら

顔が発するメッセージは、造形の美しさよりも「髪型」「お化粧」「表情」の影響が大きいでしょう。そんな表面的なことで、あなたという人間を決めつけることはできませんが、自らの意思でコントロールできるパーツ(髪型、お化粧、表情)だからこそ、「どう見られたいのか」という思考が表れることも確かです。顔が発している情報は、多少なりともあなた自身を反映しているし、評価に影響を与えているといえるでしょう。

私なりのアドバイスを2つお伝えします。

髪型とお化粧は「清潔感」を意識するとよいでしょう。就活対策本にあるような“型”にはまりきった「The!清潔感」でなくて大丈夫です。あなたの目から見て「清潔感」を感じる先輩社会人や就活女子をまねするところから始めてみてください。

次ページ意識したいのは笑顔
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。