就活現場で「女子の顔採用」は実際にあるのか

女子学生が就職活動で抱く5つ悩みに答える

女子就活生の悩み3 女子であることで就職の不利はある?

正直にいえば、不利になることも、有利になることもあります。たとえば、企業のリクルーター社員に会った経験は、男子学生のほうが多いのです。文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所のアンケート調査(「新卒採用戦線総括2019」)では、男子57.5%、女子45.9%と10ポイント以上の差がつきました。これでは不利と言わざるをえません。一方で、ある女子学生は「有利だと感じることが多かった」と話してくれました。OB・OG訪問でも、女性であることが有利に働くことが多かったそうです。

従業員における女性比率は高まっていますが、まだ少数派なので、頼れる同性の先輩社会人は多くはありません。だからこそ、頑張る女子学生に手を貸す大人が多いのでしょう。女性であることに甘えすぎるのは考えものですが、支援という善意を利用させてもらうのも一案といえます。

一般事務は中途でも仕事が少ない

女子就活生の悩み4 一般事務だけに絞ると厳しい?

いまは新卒だけでなく、中途でも採用難と言われていますが、一般事務に限ればガラリと状況は変わります。厚生労働省が毎月発表している「一般職業紹介状況」の「一般事務の職業」の求人倍率(有効求人数÷有効求職数)をみると0.36倍(11月の全国計、常用<除パート>)となっています。希望者が100人いても、36人分の求人しかないわけです。これは中途採用におけるデータですが、一般事務職を新卒で採用する企業の少なさを考えれば、さらに厳しい状況といえるでしょう。

選考タイミングのリスクもあります。一般事務職の選考は、総合職より若干遅いタイミングでスタートさせる企業がほとんどです。つまり、一般事務だけに絞っていると、内定できなかったときのリカバリーが難しくなります。リスクの高さを認識しておく必要があるでしょう。

「受付の仕事に就きたい」と考える女子学生もいるかもしれません。いわゆる“受付嬢”ですが、新卒正社員で受付専任の求人は、ほぼ皆無です。同様の理由で“秘書”も狭き門になります。厳しい現実かもしれませんが、それらと折り合いをつけながら、意思決定していくことが求められます。

女子就活生の悩み5 条件重視のキャリア選択はアリ?

就活生に「企業情報で気になる項目」を選んでもらうと、男女で大きく差が出る項目が2つあります。1つは、育休・産休(男子7.5%、女子51.4%)、もう1つが、福利厚生制度(男子49.5%、女子72.6%)です(データは、ブンナビ!2020の「月例・学生アンケート(11月分)」より)。出産や育児といったライフイベントへの当事者意識の違いを感じます。

次ページ条件重視は正解か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。