就活現場で「女子の顔採用」は実際にあるのか

女子学生が就職活動で抱く5つ悩みに答える

長く働き続けられる環境がいかに整っているか。女子学生にとっては、非常に大切なチェック項目です。結婚するか否か、結婚したとして相手はどれぐらい家事を担えるのか、子どもはどうするか、産むとしたら年齢のことも考えないと……。ライフイベントは不確実性が高いので、できるだけ多くの可能性に対応できる条件を望みたくなってしまいます。でも、先々の心配をしすぎて、過剰に条件重視の就職活動になるのもアンバランスでしょう。自分のキャリアがどう展開していくのかは、本当にわからないものです。

私自身、長く仕事をしたいと思っていたのに3年で最初の会社を辞めて、専業主婦になったものの違和感が拭えず、契約社員から再スタートしています。結婚で引っ越してくるまで、東京で仕事をするなんて考えたこともありませんでした。結局どれだけ考えても、未来は不確実だし、考えすぎることで不確実なことを楽しめなくなってしまう気もします。

先のことを考えすぎないことも大事

条件はとても重要ですが、あまり先のことを考えすぎないことも大切でしょう。脇道は、辻にたどり着くまで見えないことがほとんどですし、行き止まりだと思っても、そこで初めて見える曲がり道があったりします。

福利厚生などの条件は、自分なりの合格ラインを決めておくとよいでしょう。それをクリアしていたら、あとはあなた自身が楽しめそうか、興味を持てそうか、といった視点を大切にしてほしいと思います。

いろいろと伝えてきましたが、キャリアへの考え方は多様です。人それぞれ大切にしたいものは異なるし、経験を重ねることで変化していきます。迷いつつも決めて行動して、そしてまた迷って……。ゆっくり、でも着実にあなたの未来を選択していってください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。