30歳給料が高く人材活用も進んでいる132社

人材活用が最高評価で大卒30歳賃金30万以上

ランキング上位には女性の働きやすい環境が整備された企業が目立つ(写真:kou/PIXTA)

学生の皆さんが就職活動を始めるにあたり、気になるのは給与水準と働きやすさではないだろうか。そこで今回は、大卒30歳平均賃金が30万円以上の会社を対象に、CSR企業ランキングで使用している人材活用得点でランキングしてみた。

人材活用得点は、東洋経済CSR調査で収集している45項目で評価し、作成している(評価項目や45の項目名は最後に記載)。働きやすい環境や好待遇だけでなく、人権問題への意識や幅広い人材の活躍なども評価の対象となっている。この得点がベースになっている格付け(AAA、AA、A、B、Cの5段階評価)で、最高のAAAランク132社を紹介したい。

働きやすさだけでなく人権問題への対応なども評価

ランキング1位はSOMPOホールディングス花王ANAホールディングスの3社が100点で並んだ。

『CSR企業総覧2019年版[雇用・人材活用編]』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

SOMPOホールディングスは30歳平均賃金が34万1076円。女性管理職比率16.9%、女性の育児休業取得率100%といった女性活躍だけでなく、LGBT、障害者雇用も含めたダイバーシティ推進に力を入れている。ワーク・ライフ・バランス面でも、月間平均残業時間8.2時間、年間総労働時間1790時間など、高レベルな数値が多い。

花王は同31万6989円だ。フレックスタイム制度、在宅勤務制度、裁量労働制度(一部の職種が対象)など、働きやすい環境の整備を進める。社内だけでなく、サプライチェーンを含め、労働・人権問題への取り組みを積極的に推進している。

ANAホールディングスは同31万円。女性が多い職場で仕事と家庭の両立支援の取り組みは多い。運航・客室乗務員を対象に、月3日休暇取得が可能な「育児日」、配偶者の勤務地転居にあわせ東京・大阪間の異動希望が申告可能な客室乗務員「かがやきサポート制度」など、各種制度は充実。メンタルヘルス対策の強化など、健康経営にかかわる取り組みにも積極的だ。

4位は99.0点でみずほフィナンシャルグループ(30歳平均賃金38万7537円、以下同)、SCSK(36万8360円)、ワコールホールディングス(32万0513円)の3社。いずれも有給休暇取得率などが高い。

以下、97.9点で7位は、三井物産(47万3894円)、第一生命ホールディングス(46万4426円)の2社で、9位(96.9点)は大和証券グループ本社(53万3599円)、日本生命保険(41万4370円)、キユーピー(33万6654円)と続く。

30歳平均賃金が40万円を超えるのは19社。最高は53万3599円の大和証券グループ本社だった。

次ページ本当に働きやすい環境とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。