序列激変?立教大が「脱MARCH」宣言した理由

「RJK」を掲げる真意とは

2024年に創立150周年を迎える立教大が出したRJK宣言。そこに込められた意図とは(写真: sunny/PIXTA)

「早慶」「MARCH」「関関同立」といった聞き慣れた、主に偏差値による大学のグループ分けに変化が起きている。立教大の郭洋春総長が週刊誌で公表した「RJK」宣言は、大きな反響を呼んだ。誌面で知ることとなった教職員の間にはどよめきが起きた。

(図:『週刊朝日』2019年1月4-11日合併号より)

立教大、上智大、慶應大の3校のカテゴリーを目指すというのだ。なるほど、女子高生(JK)に人気がある立教大だけに、語呂合わせはしっくりくる。

この宣言について、立教大の長野香・広報課長はこう説明する。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「偏差値によるカテゴリーであるMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)の中にいては、独自の特色を打ち出しても、埋もれてしまう危機感を持っています。受験生や社会から選ばれる大学を目指すことで、脱MARCH、RJKのカテゴリーを目指すこととなりました」

なぜRJKなのか。

「それぞれに確固とした理念や建学の精神、それを体現するこだわりが強く、カラーが似ている大学と考えています」(長野課長)

慶應大は文理融合の総合政策学部や環境情報学部を誕生させ、上智大はCLIL(クリル)による英語学習を導入。立教大は大学設置基準の大綱化の際に、不要とまで言われたリベラルアーツ(一般教養)をあえて強化し、一石を投じた。

何よりも、3大学が国際化に力を入れているところに注目している。立教大は10年ほど前から1クラス8人の英語授業を展開し、全学部の1年生に週3コマの英語の授業が課される。

「現状では慶應大や上智大のほうが魅力のある大学だと思います。まずは2大学を目指し、なおかつアジア、世界に打って出ていくグローバル的な段階を踏んでいきたいと考えています」(同)

立教大が風穴を開けているといえば、経営学部と異文化コミュニケーション学部の存在だろう。

「リーダーシップ教育」を国内で初めて採り入れた経営学部は、企業や高校からも評価され、入試の難易度は上昇し、グローバルな環境が評価される異文化コミュニケーション学部を含め、慶應大や上智大、早稲田大に合格する学生らが入学してきているという。

「海外留学の奨学金は、基準を満たせば全員に支給します。学生たちが『立教大はやる気があれば誰でも主役になれる』と口にしてくれます。きめの細かさには自信があります」(和田務・入学センター課長補佐)

2024年に創立150周年を迎える立教大。「RIKKYO VISION2024 プロジェクト」のバージョンアップを進め、「指標の数値化」を目指す。そこにはもちろん、RJKの定着が加わるであろう。

(文:『週刊朝日』庄村敦子、吉崎洋夫)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。