堀江貴文「僕を含め、世の中の99%は凡人だ」

天才・イチローと凡人・堀江貴文のちがい

堀江貴文氏が「凡人」である仲間に向けるメッセージとは(写真:黑田菜月)
「凡人」と「天才」を分かつものは何か? 実業家としてさまざまな業界、分野で活躍する堀江貴文氏が、独自の論を紹介します。

ぼく、凡人なんですよね。これをよく覚えておいてください。どうもこのことを誤解する人がすごく多いようなので。ぼくはこれまでも教育制度批判や会社制度批判を繰り返してきています。それに対して、いつもこんな意見が届きます。

「いやいや堀江さん。学歴は関係ない、やりたいことをあれもこれもやれっていうけど、それで成功できるのはあなたが非凡な天才だからでしょう。私たちみたいな凡人は、ちゃんと学校を卒業して、会社に就職して、1つの仕事を一生勤め上げるしかないんです。それがどんなに平凡でも」

まったくわかってない。完全に真逆です。1つの仕事で一生を生き抜くなんて、天才にしかできない生き方です。

「凡人でも天才に負けない」ための方法

野球のイチロー選手を想像してください。非凡というのはああいうことです。2016年にはメジャーリーグ通算3000本安打の記録を打ち立て、日本時代とアメリカ時代を通算したプロ野球での全安打数は、ギネス記録。

彼の年齢はぼくの1つ下です。ということは、ぼくが嫌々大学受験をしていた時も、ぼくが最初に起業した時も、フジテレビを買収しようとした時も、刑務所に収監された時も、コミュニケーションサロン「HIU(堀江貴文イノベーション大学校)」を立ち上げた時も。変わり続けるぼくと対照的に、ほぼ同い年のイチロー選手は、ずっと変わらず野球をやり、しかも成績を出し続けていた。

これだけ野球だけに徹底して人生を捧げたのだから、今後もきっと、野球というものが彼を守っていくでしょう。

でもそんな彼でも、「自分は天才じゃない」と言うんですね。天才ではないから、並外れた量の練習をこなして強くなったのだと。また、彼の食事管理や体調管理の徹底ぶりは有名です。

そんなストイックな生き方ができる人自体、何万人に1人でしょう。圧倒的に非凡。凡人のぼくには無理です。

次ページ「100人に1人」くらいの能力は得られる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。