クリスマスに寄せて―キリストの生涯を聴く

クラシックとロックの傑作から

バッハは、ドイツから出ることなく65年の生涯を送ります。超ドメスティックな音楽エリートです。この点、同じ年にわずかに離れた町で生まれたゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが、当時の後進国ドイツを出て先進国である英国で成功したのとは大違いです。バッハは、基本的に宮廷あるいはキリスト教会に属して職業音楽家として、ドイツ領内で転勤を繰り返し、地位を極めた作曲家です。

そのバッハの最高傑作と言えるのが『マタイ受難曲』です。上述のとおりライプツィヒの聖トーマス教会で初演していますが、この時、バッハは41歳。聖トマス教会の音楽監督でした。ドイツ語で、トーマス・カントル。ライプツィヒの音楽界最高の地位で大変な権威でした。が、同時に遂行すべき仕事が山のようにあって激務でした。

というのも、聖トーマス教会の付属学校で教鞭を執りつつ合唱団を率いて、年に59日ある祝祭日の礼拝の音楽を取り仕切るのです。さらに、ライプツィヒ市の音楽監督も務めるのでした。寸暇を惜しんで仕事をしていました。

当時のバッハの日程は次のようなものでした。まず、月曜と火曜に新作のカンタータを作曲します。水曜と木曜で演奏用のパート譜を作成。当時は今のように気軽に印刷できないのですべて手書きです。金曜と土曜でリハーサル、日曜日の礼拝で新作のカンタータを披露します。これを毎週繰り返すのです。トーマス・カントルに就任して最初の5年間で、約300曲の教会カンタータを残したといわれています。そんな激務の中でバッハの作曲技法は磨かれます。

メンデルスゾーンの再発見から世界へ

『マタイ受難曲』には、管弦楽と合唱の双方が織りなす壮大な音宇宙があります。生涯、ドイツを出なかった田舎の音楽家がひとり頭の中で構築したのです。強烈な感情を惹起する曲から透明感のある静謐な曲まで極めて多彩です。音楽が表現しうるほぼすべてがここにある、と言っても過言ではないでしょう。大天才ですね。

上述のとおり、初演は聖トーマス教会でした。1727年の聖金曜日というキリスト教徒にとって重要な祝祭日のための作品です。3時間を超える大作でした。が、おそらく、同時代の人々はこの作品の真価に気づいていません。宗教的祝祭に付随する音楽として教会で聴いたにすぎません。ラジオもレコードもCDもダウンロードもない18世紀のことですから。この傑作は、忘却の淵に沈みます。

そして、100年余の歳月が流れます。

『マタイ受難曲』の美しくも巨大な音楽が再び現れるのは、1829年3月11日。弱冠20歳のメンデルスゾーンによる演奏会です。天才が大天才を知るとも言えます。が、この作品は極めて先進的でした。時代がやっと作品に追いついたのでしょう。メンデルスゾーンによる再発見の後、『マタイ受難曲』は世界中の音楽愛好家を魅了してやみません。

たとえば、ポール・サイモンの傑作音盤『ひとりごと(原題:There Goes Rhymin’ Simon)』収録の佳曲「アメリカの歌」は、『マタイ受難曲』の第15と第44のコラールの旋律を正確に引用しています。ヨーヨー・マの人気音盤『シンプリー・バロック』でも第39のアリアをカバーしています。291年前の旋律が現代に生きています。

次ページ革命児はジーザス・クライストがお好き
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT